サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アストンマーティン残留が決まったベッテル、F1新時代に向け強い意欲示す「次世代F1カーでバトルをするのが楽しみ」

ここから本文です
 アストンマーティン・コグニザントF1チームは、9月16日、2022年にセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールのドライバーラインアップを継続することを正式に発表した。ベッテルは、次世代F1マシンでレースをすることを非常に楽しみにしていると語った。

 ランス・ストロールはチームのエグゼクティブチェアマン、ローレンス・ストロールの息子であるため、残留するのは当然とみられていたが、ベッテルが残るのかどうかは確実ではないといわれ、去就に注目が集まっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ