サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、10月の国内生産 全14工場で稼働調整 最大11日間 「カローラクロス」「アクア」など納期長期化避けられず

ここから本文です
トヨタ自動車は9月17日、10月に生産調整する国内14工場、27ラインの稼働停止日を発表した。新型「ランドクルーザー(300系)」などを生産するトヨタ車体吉原工場第1ラインで最大11日間稼働を止める。トヨタでは、東南アジアの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品供給不足により、10月の国内生産が当初の生産計画比で15万台減産すると10日に発表していた。

10月の生産調整では、新型SUV「カローラクロス」をはじめカローラシリーズを生産する高岡工場第1ラインで9日間、コンパクトカー「アクア」などを生産するトヨタ自動車東日本岩手工場第1ラインで9日間停止する。

おすすめのニュース

サイトトップへ