サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ネオクラ」デートカーの代名詞、4代目プレリュードは“大人のクーペ”だった【懐かしのカーカタログ】

ここから本文です
1991年というと今から31年前。それが昔に感じるか、ついこの間に思えるかは個人差(!)として、昨今“ネオクラ”と呼ぶらしいこの時代のクルマ、4代目ホンダ『プレリュード』を当時のカタログとともに今回は取り上げる。

コンセプトは“ハンティング・ワイルド・キャット”
リトラクタブルヘッドライトの2、3代目が一世を風靡した『プレリュード』。ところが88年、同じスペシャルティクーペのカテゴリーに日産からS13『シルビア』が登場、牙城を脅かされる事態となった。そこでイメージを一新、よりスポーティかつ上級のクーペに進化したのが4代目『プレリュード』だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ