サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 40年以上の歴史を誇る鈴鹿8耐は「世界中のトップライダーなしには開催できない」とEWCプロモーター

ここから本文です
 8月12日、日本への入国が禁止されていることから、海外のチームやライダー陣は現状、鈴鹿に向けて渡航することができないため『2019-2020 FIM世界耐久選手権(EWC)“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会』の中止が発表された。

 7月16~19日に三重県・鈴鹿サーキットで開催予定だったが、一度は10月30日~11月1日に延期された2020年の鈴鹿8耐。開催中止に至った経緯やファンに向けてのコメントをFIM会長ホルヘ・ビエガス氏、ユーロスポーツ・イベンツ代表フランソワ・リベイロ氏、株式会社モビリティランド代表取締役社長田中薫氏が語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン