サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 悪路テストでの破損をデザインに反映!? トヨタ 新型ランドクルーザー300のシンプル過ぎるかたちは“悪路走破性”が最優先

ここから本文です

流麗さを競い合う最新モデルとは真逆な、四角く無骨なデザインが魅力の新型ランドクルーザー300。タフで強靭な性能が外観からも伝わってくる。しかしこれはもちろん、単に差別化のためだけにデザインされている訳ではない。悪路走破テストなどから導き出されたというそのデザインを、新型ランドクルーザー300のサイドビューから紐解いていこう。

ホイールベースは4世代・30年以上に渡り不変の“ランクル黄金比”を継承

>>全てのデザインは悪路走破のために! トヨタ 新型ランドクルーザー300の写真をもっと見てみる(全45枚)

トヨタ 新型ランドクルーザー300の全長は4950mm。ホイールベース(前後車軸間の距離)は2850mmだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ