サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あれ、なぜ軽トラにトヨタエンブレムが付いてるの? 「OEM車」が増える理由

ここから本文です

あれ、なぜ軽トラにトヨタエンブレムが付いてるの? 「OEM車」が増える理由

あれ、なぜ軽トラにトヨタエンブレムが付いてるの? 「OEM車」が増える理由

 街中で見かけるクルマ、「あれは○○だな~」と思ってよく見たら全然違うメーカーのエンブレムが付いていて「?」なんて経験がある方はいませんか。パクリ? それとも変わったカスタム? いえ、それはたぶん「OEM車」です。

 OEM(相手先ブランドによる生産)車とは、A社が開発・製造したクルマを別の自動車メーカーB社に卸し、B社のクルマとして販売するという仕組みで生まれます。

ダイハツが製造「これでいいんだよ」なサイズ トヨタ、5ナンバーの小さなSUV「ライズ」発売【写真42枚】

 エンブレムや見比べると分かるくらいの外装の一部が違うくらいのそっくりなクルマが、別の名前で、別のメーカーから出てくることになります。しかしあえてそんなことをするだけのメリットがあるのです。

 OEM供給を受けるメーカーにとっては、低コストで自社のラインアップにないクルマを販売できることが最大のメリットです。

 例えば、ミニバンがラインアップになかったら、これまでそのメーカーのクルマに乗っていた客が結婚して子どもが生まれ、ライフスタイルが変化したのでファミリーカーに買い替えたいといったとき、どんなに付き合いが長く良好な関係を築いてきたとしても泣く泣く他社に……ということが考えられます。

 客の望むクルマを売りたい。でも自社でコストをかけて開発するほどそのメーカーのメインターゲットに合った車種ではないというとき、他社と手を組んでOEMで供給してもらうという選択をする場合があります。

 供給する側のメーカーにとってのメリット・デメリットを考えてみると、「自分たちで売った方が利益になるのでは?」「技術が流出してしまうのでは?」と敵に塩を送る行為に見えるかもしれません。

 しかし実際には生産ラインの稼働率が上がって効率良く生産できたり、合計の販売台数が増えることで自社だけでは仮に採算に合わなかった車種でも、後継モデルを継続して新規開発していけたりする、などの戦略が考えられます。また、見返りとして同じように自分たちのラインアップに足りない車種を供給してもらうという交換取引もあり得ます。こうして、利害が一致した2社の間でOEM供給が行われます。

●OEM車は元車種より「地味」? 相乗効果となるいい例もあります

 同じ車種が2つのメーカーから登場するとは言っても、設定されるグレードや装備、車種の知名度などに多少なりとも差があります。

 もちろん、例えばトヨタ「86」とスバル「BRZ」のように、各所の味付けがかなり異なる工夫もあることでどちらも根強いファンがいるモデルもありますが、OEM車は元の車種と比べると地味な存在であることが多いようです。

 例えば、個人・法人問わずそのメーカーのお得意さんや関係者が購入するクルマとして。極端な例でいえば、日産・フーガのOEM車として数年間販売されていた三菱自動車の高級セダン「プラウディア」は三菱グループ各社のエラい人が乗るための“自社グループの”社用車として見かけることが多かったり……(走るシーラカンスなどと愛されたデボネアは1999年に生産を終了)。

 そんなルノー・日産・三菱アライアンスの連携ですが、単なるOEMではなく日産と三菱の2社がお金を出し合った合弁会社で開発・製造され、どちらもメジャーな車種に成長したという好例に、日産「デイズ」と三菱「eKシリーズ」があります。

 軽自動車や商用車のOEM事例はけっこう多いです。特に軽トラックなどは、たくさんのメーカーから発売されているように見えますが、現行車種は実質的にダイハツとスズキの2社に集約されています。

フォトギャラリー

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します