サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECバーレーン予選:レベリオン1号車が2連続ポール。トヨタ勢2列目に並ぶ

ここから本文です

 FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦バーレーン8時間レースの予選は、レベリオン・レーシング1号車(グスタボ・メネゼス/ブルーノ・セナ/ノーマン・ナトー)が前戦上海に続いて2戦連続でポールポジションを獲得した。

 今戦のサクセス・ハンディキャップはトヨタ7号車が2.51秒、8号車は2.72秒相当と非常に重くなっている。前戦上海のウイナーであるレベリオン1号車は1.36秒、チームLNTのジネッタ5号車は0.24秒、そしてジネッタ6号車はハンディキャップ無しという状況だ。

■山下健太、WECハイパーカー1年目はトヨタのドライバーとして参戦か?

 予選が始まるとまずセナが1分42秒396をマークして首位に。

おすすめのニュース

サイトトップへ