サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 豊田自動織機、自社生産したフェイスシールド7350枚を自治体に提供

ここから本文です

豊田自動織機は5月29日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応している地方自治体を支援するため、工場所在地の刈谷市をはじめとする7市町の自治体にフェイスシールドを7350枚を寄贈すると発表した。

同社は、4月下旬からフェイスシールドの生産を開始し、医療現場に対して提供してきた。今回、各市町の教育関係者、行政窓口対応、健康診断といった住民サービスに携わる関係者にも提供し、地域の生活を支える自治体の業務を支援する。

各自治体には6月上旬から順次、提供していく。

おすすめのニュース

サイトトップへ