サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱オラ顔ワゴン「コルトプラス2021年モデル」がイケてる! 台湾でどう独自進化した?

ここから本文です

■三菱車共通フロントフェイス「ダイナミックシールド」が印象的!

 三菱の台湾法人は2021年5月8日にコンパクトワゴン「コルトプラス」の2021年モデルを発表しました。かつて日本でも販売されていたコルトプラスですが、台湾でどのような独自進化を遂げているのでしょうか。

三菱が新型「ミラージュ」を初公開! ミラージュ41年の壮大な歴史とは

 コルトプラスは、もともとコンパクトカー「コルト」をベースとしたコンパクトワゴンとして、日本市場では2004年に登場。

 ベースのコルトからリアオーバーハングを約300mm延長し、荷室を拡大したことで、取り回しの良さと積載性の高さを両立したコンパクトワゴンとして開発されました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン