サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルピーヌ A110 など、燃料ポンプ不具合でエンストのおそれ リコール

ここから本文です

ルノー・ジャポンは4月13日、アルピーヌ『A110』などの燃料ポンプに不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。

対象となるのはアルピーヌ『A110』『A110S』、ルノー『ルーテシア』の3車種で、2018年2月1日~2020年7月20日に製造された819台。

対象車両は、燃料ポンプのインタンクユニットにおいて、樹脂製インペラとカバーのクリアランス設計が不適切なため、燃料温度の上昇によって樹脂製インペラが変形することがある。そのため、カバーと接触し、燃料ポンプモーターが作動不良となり、最悪の場合、走行中エンストに至るおそれがある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン