サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サーキット由来の性能を持つ、BMW M社発の最上級4ドア『BMW M8グランクーペ』登場

ここから本文です

サーキット由来の性能を持つ、BMW M社発の最上級4ドア『BMW M8グランクーペ』登場

サーキット由来の性能を持つ、BMW M社発の最上級4ドア『BMW M8グランクーペ』登場

 BMW製4ドアクーペの最上級モデル『BMW8シリーズ・グランクーペ』をベースに、BMW M社のレーシング・テクノロジーを駆使した高性能モデル『BMW M8グランクーペ(エム・エイト・グラン クーペ)』が登場。さらなる高性能を狙った“Competition(コンペティション)”仕様も同時ラインアップし、1月28日より発売開始となっている。

 BMW得意の流麗なルーフラインを持つグランクーペシリーズの旗艦として登場した『BMW8シリーズ・グランクーペ』は、カーボン・コアなどを採用した独自のボディ造形技術により、官能的なデザインと快適な室内空間を備えた文字どおりの“トップ・オブ・グランクーペ”として君臨する。

『ニッサンNV200バネット』が仕様変更。衝突被害軽減ブレーキなど安全装備充実

 その最上級モデルをベースに、美しさと快適性を維持しつつサーキット由来の性能を盛り込んだ『BMW M8グランクーペ』は、BMW M社が開発したもっとも革新的なエンジンである、4.4リッターV型8気筒Mツインパワー・ターボエンジンを搭載。

 最高出力600PS、最大トルク750Nmという途方もないパワーを発生するこのエンジンは、クロスバンクのエキゾーストを採用し、過給による応答遅れのない素早いレスポンスを実現。

 また直噴インジェクターの噴射圧を350barまで高めて燃焼効率を向上させたほか、オイルパンのフロント側に小型のオイルチャンバーを搭載し、サーキット走行時など極度の横方向および前後方向の負荷がかかる状況下でも、必要に応じて小型チャンバーから追加でオイル供給を可能にする吸引システムを採用している。

 さらに、走行モードを柔軟にカスタマイズ可能な“M MODE”ボタンには、新型『BMW M8クーペ』から新たにブレーキ・システム設定の項目が追加され、センターコンソールの物理ボタンでメーターパネル、ヘッドアップ・ディスプレイの表示方法や、運転支援システムの介入レベルをROAD(ロード)、SPORT(スポーツ)、いずれかのモードに変更することが可能に。

 基本設定としてすべての運転支援システムが有効な前者に対し、後者ではドライバーが任意に設定した情報に基づいて、前車接近警告および衝突回避・被害軽減ブレーキを除くすべてのブレーキやステアリング・システムへの介入を無効にすることが可能となっている。

 そしてこちらも『M8クーペ』で初採用されたM専用インテグレーテッド・ブレーキ・システムは、高負荷条件下でも優れた安定性を実現。非バキューム式ブースターの採用や制御系のコンパクト化で、2kgの重量削減を達成したほか、電動アクチュエーターによる制動圧制御により、ドライバーは任意に車両の減速度を調整することが可能となり、あらゆる状況でドライバーが思い描くペダル・フィーリングを得ることができる。
 そして、ドライブロジック付き8速Mステップトロニック・トランスミッションを介して、俊敏性と路面への力の伝達力を高次元に両立したBMW M独自の4輪駆動システム“M xDrive”は、トルクを前後に無段階かつ可変的に振り分け、さらにアクティブMディファレンシャルの搭載により、リヤ側でのトルクベクタリング制御も実現。あらゆる路面環境やエンジン出力状況でも必要に応じてトラクションを最適化し、エンジンパワーを推進力としてほぼ無駄なく利用可能となっている。

 また、ドライバーが必要に応じて前後の駆動力配分を設定することも可能で、初期設定の4WDモード、ほぼ後輪駆動に近い4WDスポーツモード、DSCをオフにし完全な後輪駆動走行となる2WDモードも用意されている。

 この高い走行性能と最上級の4ドアクーペモデルに相応しいインテリア空間には、『M8クーペ』から導入された、MのロゴやMモデル・カラーのステッチが刻まれた新デザインのセレクターレバー、立体的なデザインでアグレッシブな走行でもドライバーの姿勢を支えるデザインを採用するスポーツシートを装備。

 さらにカーボンファイバー製のインテリア・トリムを採用することで、サーキットモデルらしい機能性とデザインを備えた。

 後席は3m超のホイールベースが実現する余裕ある室内空間を活かし、長距離走行でも大人が快適に寛ぐことが可能なリヤシートを備え、左右シートは前席同様にホールド感あるデザインの、シングル・シート・フォルムを採用。全体としてスポーツモデルらしい統一感のある空間を演出するとともに、後席の乗員もBMW Mならではのスポーティな走行を体験できるデザインとなっている。

 そのほか、BMWが誇る最新のADAS(先進安全運転支援)も搭載され、ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能や、リバース・アシスト機能付のパーキングアシスタントも装備。車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となるなど、全長5105mm、全幅1945mmの伸びやかなボディを持て余すことなく使える機能も備わった。

 この『BMW M8グランクーペ』上陸と同時に、よりアグレッシブなスポーツ走行を想定したM8グランクーペ・コンペティションも用意され、エンジンは最高出力を通常モデルからさらに25PS高めた625PSまで強化。

 デザイン面では、ハイグロス・ブラックのキドニー・グリルとモデルバッチ、ドアミラーが装備され、繊細な造形を採用したバイ・カラーの20インチMホイールが採用されることで、よりアグレッシブなデザインとなっている。

 標準モデル、コンペティション仕様ともに左右ハンドル仕様が設定され、価格は『BMW M8グランクーペ』が2194万円、『BMW M8グランクーペ・コンペティション』が2397万円となっている。

BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します