サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 平嶋夏海の「つま先メモリアル」(第6回:Honda NC750S、NC750X)

ここから本文です

平嶋夏海の「つま先メモリアル」(第6回:Honda NC750S、NC750X)

大型バイク購入に意欲を燃やす平嶋夏海ちゃんによる、試乗インプレッション企画! 親子でジムカーナを楽しんだり、オートバイ女子部としてミニバイクレースに挑戦したりと、ますますバイク熱が高まる一方のなっちゃんが、いまリアルに気になる車輌とは……? 第6回目となる今回は、初めてのDCT体験となったHonda NC750SとNC750Xを乗り比べてのインプレッションをお届けします!

ーーこれまで、NCという車種やDCTの存在は知ってた?
[ 画像が省略されました ]今回試乗することになって調べた時に、初めてNCが教習車で使われてたりすることを知りました。だからDCTも知らなかったです。

開発者に聞いた、ヤマハ「セロー250 ファイナルエディション」

ーーそうなんだ。そういえば、なっちゃんが試乗するバイクについて事前にリサーチして、“平嶋ノート”をつけてることはお馴染みだけど、具体的にはどのくらい調べるの?
[ 画像が省略されました ]乗る車種を教えてもらったら、まず1時間くらいネットの情報を漁って、それから1時間くらいYouTubeを見る感じです。オフィシャルの映像見たり、実際に乗ってるユーザーさんの映像見たり。あと、モデルチェンジをしたことがあるバイクなら、以前のモデルについてもちょっと調べるかな。ノートに書くのは、そのモデルの特長とか、新たに搭載された機能とかはもちろん、調べててわかんない言葉とかも書いておきます。で、試乗の時に周りの理解してる人に聞いて、教えてもらう。その方が早く理解できるんですよ。ネットとかで自力で調べようとすると、わかんないバイク用語って、その説明自体がわかんない言葉で説明されてたりするから(笑)。

ーー確かに、それはある(笑)。じゃあ早速だけど、NC750XとNC750S、それぞれのインプレッションを聞きましょう。まず外観の印象はどう?
[ 画像が省略されました ]「X」と「S」で、アドベンチャーとネイキッドの差はしっかり出ているなって思いました。エンジンとかフレームは同じだとしても、明らかにポジションが違うから、乗り味も全然違うんだろうなって印象でした。

ーー実際にまたがっても、ライポジの印象は違った?
[ 画像が省略されました ]違いました。最初に乗ったのは「S」ですけど、見た目よりもライポジがラクだなって感じました。パッと見、もうちょっと前傾な気がしてたけど、そんなにハンドルに体重がかかるわけでもなくて。ハンドルとの距離も、大型ならこのくらいかなって想定できる範囲の距離感なので、たぶん女の子でもハンドルが遠いと思うことはないと思います。対して「X」は、ハンドル幅が広いから、その分腕が伸びちゃうなぁとは思いました。個人的にもっと乗りやすくするなら、アップハンドルとかにして、握る位置をちょっと手前に傾けて近づけたいですね。「X」みたいなアドベンチャー系って、ライポジ自体がラクじゃないと逆に困る車種じゃないですか(笑)。だから乗車時の姿勢は結構起きてるんですけど、どう乗るのが格好いい状態なのかは、今日の試乗時間のうちではいまいち掴みきれなかったです。

ーーシートも「X」と「S」で違ったけど…。
[ 画像が省略されました ]シート表面については、正直そこまで違いは感じなかったです。ただどっちも太ももに当たるシートの角度がちょっときつくて、当たるというか刺さる感じで…。長時間乗ってたら場所を変えたくなる。しかもわりと全体的に細身のシートだから、シートの前に座ろうと、後ろに座ろうと、結局同じ部分に角が当たるんですよ。そこはちょっと『う~ん』て感じたとこですね。

ーー足着きだったり、全体のバランスとかはどう? 今回は編集部から高速を使って道志に向かい、ちょっとした山道とかも走ったけど。
[ 画像が省略されました ]足を下ろした時にステップとぶつかることもなく、どっちも比較的まっすぐ足を下ろせます。足着きは「S」の方はかなり良いんですけど、「X」は両足を同時に着くのはちょっと難しい感じ。峠を走る時は、少し前傾姿勢なライポジだからか、「S」の方がどうしても楽しく感じちゃいました。「X」はハンドル位置が遠めだし、広いから、どうしてもコーナリングで外側の腕が伸び切っちゃって、ちょっとつらいんですよ。特に傾斜もあるきついコーナーだと、ハンドルを切ろうとするとやっぱり外側の手が遠いなって感じるので。

ーーへ~。見てる分には全然違和感なくスムーズに乗れてるように思えたけど、本人的にはいろいろあるんだね。じゃあ、初めての「DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)」についてはどうだった?
[ 画像が省略されました ]ボタンの操作だけ最初ちょっとわかんなくてまごついちゃったんですけど、すぐ慣れました。シフトスイッチを使って普通に自分でシフトチェンジするMTモードもおもしろいけど、自動でシフトチェンジしてくれるATモードの中にも、一般走行に適した「Dモード」とスポーティーな走行に適した「Sモード」が選べるんですね。勝手にギアを変えてくれるけど、自分でも自由に変えられるってことが、こんなに両方できるんだって驚いたんですが、自分の好みでシフトダウンした時にも、DCTにすぐ戻される時があって、そういう時はちょっとイラっとしました(笑)。『いま下げたんだよ!』って(笑)。

ーーじゃあMTモードもATモードも、ATのDモードもSモードもフルに使ってみたんだね。
[ 画像が省略されました ]使いました。最初はシフトスイッチのプラスとマイナスを確認するのに、毎回下を見ちゃってたんですけど、慣れればすぐ見なくてもできるようになると思います。ギアが変わる瞬間の『カチッ』て足に伝わる感覚とか、音とかがおもしろかったですね。いまシフトが変わったんだなって体を通してもしっかりわかるのが、安心にもつながるし、楽しさでもあるんだなって思いました。メーターを見なくても、今変わったんだって伝わってくるので。

ーークルマのATだと、いま何速とか伝わってこないし、運転する側も気にしないもんね。そこが違うのがDCTのおもしろさだと。
[ 画像が省略されました ]後はやっぱりエンブレが少なくて、ナチュラルにつないでくれるから、その意味でラフにも操作しやすいし、MTモードでも回転数が下がれば勝手にシフトダウンしてくれるので、エンストする恐怖がないのがすごいラクでした。峠とかに行った時も、ちょっとこのギアで走ってみようとか、急に思い立ってシフトを変えてみるのも怖くない気がします。最終的にいろいろ使ってみたけど、私は帰り道はATモードにしてました(笑)。やっぱり手でシフトチェンジはちょっと慣れてないし、長距離走るならおまかせがラクだなって。

ーーいつものなっちゃんは、コーナーを曲がる時はギアを合わせて、『モトジム』で言うところの“踏ん張ってる”感じで曲がってくと思うんだけど、DCTはそういう意味でしっかりトラクションかかってるのかなって不安になったりするところはなかった?
[ 画像が省略されました ]不安は全然なくて、ラクだなって印象の方が全然強かったです。Uターンとかも、普通の街乗りだと対向車とか後続車を気にしながら回るから、かなり低速でのUターンがほとんどだと思うんですよ。しかも半クラ操作がめちゃくちゃ得意だって人も、そんな多くないと思うんですよね。そういう時に左手の操作が一個省かれただけで、すごくラクに回れるというか、私はめっちゃUターンしやすかったです。

ーーやり慣れた感覚と違うから違和感があるかと思ってたら、違ったんだね。
[ 画像が省略されました ]全然ラクでした。それよりDCTで気になったのは、たとえば高速道路で目の前のトラックを追い抜こうとして、アクセル開けますよね。その開けた直後の加速が、ちょっと『進まないな』って感じはありました。普段だったら、開ける瞬間に一速落としてバッと前に進むのに、DCTだとすでに6速だから、そこからスピードが伸びるのをちょっとだけ待つ時間があるんですね。指でシフトダウンすればいいんだろうけど、そこにちょっともどかしさは感じたかもしれないです。

ーー車体の大きさとか、運転のしやすさについてはどう?
[ 画像が省略されました ]「S」は十分すぎるくらい運転しやすかったです。750ccでちゃんとトルクもある大型バイクだけど、タンクが下にあるせいなのか走ってる時は重さも感じなくて、めちゃくちゃ走りやすいな、操れる感があるなって思いました。ただ「X」は、エンジンとかは一緒のはずなのに、カウルが付いてたりでラゲッジスペースやハンドル周りのボリューム感があるから、どうしても排気量がもっと上っぽく感じる気がします。だから視覚的な先入観で、小回りがきくとかそういう面では少し扱いにくい気になっちゃうのかな~って。

ーーNCのエンジンはものすごく前倒しに搭載されてるんだけど、何か普通のバイクとの違いは感じた?
[ 画像が省略されました ]62°の前傾なんですよね(予習済)。エンジンが斜めだからどう違うかとかあんまり私はわからないけど、でもそのエンジンの形と、タンクが下にあって重心が低いのは、私にとっては運転しやすいメリットです。やっぱりタンクが上にあると、街乗りで渋滞とかにはまった時にどうしてもふらつくんですよ。それで足着きも悪かったりしたら、倒れるのが怖くて、あんまりノロノロ徐行とかしたくないなって思うんですけど、NCはそういう時でもあんまり気を使わなくていい。実際、今回の試乗でも途中で渋滞にはまったんですけど、重心が低いので意外とラクだったねって思いました。渋滞でも落ち着いてられるし、ちょっと余裕が生まれるのはいいなって思います。

ーーサスペンションについては?
[ 画像が省略されました ]前後共に優しいですね。ほんとに硬すぎず、柔らかすぎず、穏やかで。私はいつもリアブレーキを使う方なんですけど、リアブレーキを踏んだ時にリアが沈み込む感じはそんなになかったです。「S」でフロントブレーキをぎゅっと握り込んだ時も、前にサスが入り過ぎちゃって、つんのめりそうになることもなかったから、ちょっとくらいラフにブレーキングしちゃっても、危なくないなぁって思いました。

ーーリアサスペンションは7段階のプリロード調整機構付きですが、その動きとか減衰の効き方とかに対して何か感じた?
[ 画像が省略されました ]そこまで私はわかんないです(笑)。でもプリロード調整ついてるのはいいなって。後ろに人を乗せたり、荷物が乗せたりする時に、自分で調整できるのはいいですよね。初心者でもプリロードを調整したらどう変わるんだろうって、気軽にワンクリックずつ変えれたりするから、ちょっとカスタムするみたいな気分になれて楽しいんじゃないかなって思いました。

ーーなるほどね。じゃあ最後に、DCTとスタンダードモデルだと、車両価格が7万円くらい違うのね。もし自分が買うなら、価格も込みでどっちを選ぶ?
[ 画像が省略されました ]は~、悩ましいですねぇ。ETCやグリップヒーターは標準装備だから…。ワインディングよりかはロングツーリング派で、ゆっくりのんびり走りたい派だったら、DCTがいいんじゃないかな。私は…悩むけど、ついてなくてもいいです。やっぱりワインディングとかで自分でシフトチェンジ操作したいし。そのシフトチェンジ操作も含めて楽しいので。NCでも指でやれるのはわかるんですけどね。あとは個人的な好みで、私はエンブレとかもうちょっと欲しいです。エンブレが効きすぎるバイクも好きじゃないんですけどね(笑)。

[ アルバム : 平嶋夏海オフショット・アルバム はオリジナルサイトでご覧ください ]

撮影/南 孝幸

【関連記事】人気連載 ~平嶋夏海の「つま先メモリアル」~
平嶋夏海 ツイッター公式アカウント

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します