サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表、ハミルトンの速さに脱帽。一方メルセデス代表も難しい判断迫られたレッドブルに理解示す

ここから本文です
 F1第4戦スペインGPではまたも、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)による息詰まる攻防が繰り広げられた。

 レース序盤をリードしたのは、スタートでポールポジションのハミルトンを交わしたフェルスタッペンだった。ふたりが1回目のピットストップを終えた後も(共にソフトタイヤからミディアムタイヤに交換)、フェルスタッペンはハミルトンの追撃を抑えていたが、ハミルトンは43周目に2度目のピットストップを敢行。状態の良いミディアムタイヤを履き、20秒以上前方にいるフェルスタッペンを追いかけるという作戦に出た。

おすすめのニュース

サイトトップへ