サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 9月の新車販売が「異例」の低調っぷり! 努力をし尽くしても明るい材料が見えない「抜け出せぬ」暗闇

ここから本文です

9月の新車販売が「異例」の低調っぷり! 努力をし尽くしても明るい材料が見えない「抜け出せぬ」暗闇

 この記事をまとめると

■2021年9月の車名別販売ランキングから考察を述べる

出せばバカ売れ必至! それでもトヨタが軽自動車を作らないワケ

■2位のN-BOXにわずか891台の差をつけ、トップはヤリスシリーズとなった

■各メーカーの売り上げは厳しく、10月以降の悪化していくと考えられる

 上半期末でのこの数字は異例

 自販連(日本自動車販売協会連合会)から登録車、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から軽自動車それぞれの、2021年9月単月の通称名(車名)別販売ランキングが発表された。新車販売全体を見ると、部品供給問題に翻弄され、深刻な納期遅延が新車販売において広範囲に発生し、前代未聞としても言いすぎではない低調な結果のなか、とにかく「できることはやった」というような血のにじむ思いが統計数字から伝わってくる。事業年度締め上半期末でのこの低調な数字はとにかく異例なものといえよう。

 そのような状況下で、自販連と全軽自協統計を参考に、含軽(軽自動車と登録車を合算した)での販売ランキングを作成した。トップは2位のN-BOXにわずか891台の差をつけてヤリスシリーズ(ヤリスクロス含む)となった。ヤリスクロスの納期はついに1年待ちとなった様子。ヤリスも情報では、ガソリンが約4カ月、HEV(ハイブリッド)が約半年待ちとなっているので、部品問題がなければもう少し納期が順調で、2万台オーバーぐらいの実績が残せたのではないかと考える。

 3位に入り、1万台オーバーを販売しているアクアは、トヨタ車のなかでは比較的納期が短く、3カ月も待てば納車されるようなので、しばらくは販売トップクラスに居続けることになるかもしれない。7位のアルファードはアクアより若干早めの納期となっており、10月上旬に契約していれば、年内にはなんとか間に合うのではないかとの話であった。ただし、トヨタ車でディスプレイオーディオを採用しているモデルは、ナビキットの生産が間に合わなく、車両だけ納車して後でナビキットを装着することになるケースが多くなっている。

 それほど深刻な納期遅延にはなっていないと販売現場で語るのは日産系ディーラー。人気の新型車ノート オーラでも3、4カ月程度で納車可能で、5ナンバーサイズのノートはノート オーラより早いとのこと。キックスは1カ月で納車できるとなっている。納期遅延がそれほど深刻ではないのだが、人気のノートシリーズは9位となっている。軽自動車のルークスが4位に入っているが、10位のセレナ以降は17位のデイズまで日産車はいない。全体では深刻な納期遅延となっているなか、納期がそれほど乱れていないといっても、それだけでは、新車がよく売れるというわけでもなさそうだ。

 10月以降も各メーカーの売り上げは悪化していくとみられる

 ラインアップ数の多さや、販売規模が大きいことで、いまの納期遅延問題がより深刻になっているのではないかと言われているトヨタ。確かに販売現場ではセールスマン個々の様子は、売ったはいいが納車できずに、販売実績としてカウントできないケースが多すぎて苦戦しているが、含軽ランキングでトップ10内に4台、登録車のみで5台がトヨタ車となっており、国内販売トップの意地を見せている。

 今回の部品問題による納期遅延がより深刻とされているのがダイハツ。メインの軽自動車販売では、9月単月では軽四輪総台数で1888台差をつけられ、ブランド別でスズキがトップとなっているが、目立って状況がより深刻という感じはない。ただ登録車では、トヨタへのOEM(相手先ブランド生産)とはなるが、納期遅延が深刻かと思えば、いきなり早まるといった混乱の度合がひどいとの話を聞いている。

 軽自動車では、2021事業年度締め上半期の販売台数も気になるところ。前年同期は2320台差をつけられ、トップはスズキとなったが、今期の軽四輪車総台数では2万3660台差をつけ、ダイハツがトップを奪還している。しかし、軽四輪乗用車では3437台差をつけられ、スズキがトップとなっており、軽四輪乗用車販売での苦戦傾向が目立っている。

 ちなみに、2021事業年度締め上半期でもっとも売れた新車は、10万5943台を販売した、登録車のヤリスシリーズとなっている。2位のホンダN-BOXに約1.5万台の差をつけトップとなっている。

 なお、ノア&ヴォクシーは9月23日に一時的に新規受注を停めている。年末には次期型が発表予定となっているので、事実上の現行型オーダーストップではないかとの話もある。

 10月に入ってからも、深刻な納期遅延が解消される気配すらない。9月は2021事業年度での上半期末決算セールの月でもあったので、厳しい状況下でも無理をして販売台数の積み増しをしたようにも見える。そのため10月以降年内は9月より深刻な状況になっていくのではないかと、販売現場は覚悟している様子であった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します