サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPでのシートを確保できるか? “勝負の年”迎える『4人のライダー』

ここから本文です

MotoGPでのシートを確保できるか? “勝負の年”迎える『4人のライダー』

MotoGPでのシートを確保できるか? “勝負の年”迎える『4人のライダー』

■ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)

 2019年にドゥカティファクトリーチームに昇格し、2年目のシーズンを迎えるペトルッチ。彼はシートを確保できるか分からなかった1年前と同じ状況を迎えることになる。

■MotoGPシェイクダウンテスト始まる。ロレンソの参加は2日目以降か

 昨シーズン、ペトルッチはアンドレア・ドヴィツィオーゾのチームメイトとして、セカンドライダーとも言える位置で戦ってきた。単年契約だったペトルッチだが、前半戦では地元イタリアGPで初優勝を飾るなど活躍も見せ、無事に2020年の契約を勝ち取った。しかし、後半では苦戦が続き、苦境に立たされた。

 “ランキング2位”という夢を見てしまったことが、不調の原因だとペトルッチは語っている。その調子の落ち方は大きく、サテライトチームのジャック・ミラー(プラマック)に負かされる場面も多々見られた。

 2020年、ペトルッチは契約期間が終了となるため、再びシート争いを生き抜かねばならない。ただ、ドゥカティが興味を持っていたと言われるマーベリック・ビニャーレスとファビオ・クアルタラロがヤマハと既に契約を交わしたことで、ペトルッチのシート争いにおける最も大きなライバルはミラーと言えるだろう。

 ペトルッチがシートを確保するためには、昨年前半戦と同じように自身の実力を証明する必要がある。しかし、ドゥカティが勢いのある若手のミラーに惹かれる可能性は否定できない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します