サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 整備工場の負担軽減へ、自動車リース業界がメンテナンス管理の共通化へ

ここから本文です
オリックス自動車、住友三井オートサービス、日本カーソリューションズ、三菱オートリースと三菱商事エネルギーは10月12日、自動車リース業界を横断する車両メンテナンス管理共通プラットフォーム「FLEET PITLOCK(フリート・ピットロック)」の開発・普及に向けた業務提携契約を締結した。

自動車整備工場では、国家資格の取得やメンテナンス技術の習熟までに一定の経験が必要なことから、新たな人材確保が難しく、高齢化も急速に進んでいる。また、車両の進化に伴う新規技術の習得でも、整備工場の負担が高まっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ