サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 最上級グレードが626万円のSUVを販売するマツダの「勝算」とは

ここから本文です
マツダが6月24日から予約受注を開始する新型SUV『CX-60』は、その最上級グレードの価格が626万4500円で思い切った値付けと言っていいだろう。果たしてCX-60はユーザーに受け入れられるのか。

プラグインハイブリッド車(PHEV)とは言え、『CX-5』や『CX-8』の最上級グレードよりもそれぞれ210万円、140万円以上も高い。また、トヨタ自動車の人気SUV『ハリアー』と比べても120万円高く、同じPHEVである三菱自動車の『アウトランダー』と比べても90万円も高いのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ