サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボ 電動化戦略のロードマップ 48Vマイルドハイブリッド「XC60」「XC90」を発売

ここから本文です

ボルボ 電動化戦略のロードマップ 48Vマイルドハイブリッド「XC60」「XC90」を発売

ボルボ・カー・ジャパンは2020年4月23日、ボルボでは初となる48Vマイルド・ハイブリッド「B5」を「XC60」、「XC90」に追加し発売しました。また、同時に「XC90」に限定車「XC90 B5 AWD ノルディック・エディション」 を設定し発売しました。

48Vマイルドハイブリッド

ダンロップ 感染拡大に伴う国内工場の生産調整を実施【新型コロナウイルス】

ボルボ・カーズは、2025年までに世界販売台数の50%を電気自動車、残りをハイブリッド車(PHEV、48Vマイルドハイブリッド)とする目標を掲げており、その計画に従い、今回48Vハイブリッドのパワートレーンが登場しました。

今回導入される「B5」パワートレーンは、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)を搭載し、回生ブレーキで発電した電力を48Vリチウムイオン・バッテリーに蓄電し、エンジンの始動や駆動アシストを行なうハイブリッド・システムです。

このシステムにより、スターターモーターではなくISGMを使ったエンジン始動では、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションも大幅に低減することができます。

第3世代の「Drive-E(ドライブイー)」エンジン

今回の「B5」ユニットとして搭載される「ドライブ-E」エンジン本体にも大幅な改良が行なわれました。大きな改良点はシリンダー表面処理を改良し、摩擦抵抗を低減させ、さらに気筒休止機構(CDA)が新たに採用されました。これらの改良により低負荷状態では2気筒での走行が可能となり、上質な走行フィーリングと実用域での燃費を向上を両立させています。

また、エンジンパフォーマンスに影響を与えることなく、車内外の騒音レベルを抑えるために、エキゾーストシステムをはじめ様々な改良も行なわれています。

この他に、今回からXC60のトランスミッションのギヤセレクターがバイワイヤー化され、「XC60 B5 AWDインスクリプション」にはスウェーデン・オレフォス社のクリスタルガラス・シフトノブが採用されています。

100台特別限定「XC90 B5 AWDノルディック・エディション」

「XC90 B5 AWDノルディック・エディション」は「XC90 B5 AWD モメンタム」をベースに、人気オプション「パノラマ・ガラス・サンルーフ」や「ハーマン/カルドン・プレミアムサウンド・オーディオシステム」、そして通常のモメンタム・グレードには設定のない専用20インチ・アルミホイールを装備し、またスカンジナビアン・デザインを感じさせるリニア・ウォールナットウッドパネルなどカラーコンビネーションの内外装を設定したディーラー特別限定車を販売します。

価格

ボルボ XC60 関連記事
ボルボ XC90 関連記事
ボルボ 関連記事
ボルボ 公式サイト

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します