サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動運転に欠かせない「高精度3次元地図」、データ収集走行に同乗

ここから本文です

将来に向けて準備が進む自動運転。車両には数多くのセンサー、それとリンクするシステムが搭載されるが、そこで重要なのが自動運転でベースとなる高精度3次元地図データ(HDマップ)だ。今回はそのデータを制作するダイナミックマップ基盤(DMP)のデータ収集現場に同行した。

◆HDマップは2023年、高速道から一般道にまで拡大。準備は急ピッチで進む

自動運転の要素技術に数えられる高精度3次元地図(HDマップ)。自動運転や先進運転支援システム(ADAS)が自己位置の正確な認識や、信号機などの地物情報を参照するためのマップとして、高い期待が持たれている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ