サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「首都高1000円割増」で味占めた国交省、「変動料金制」導入を検討へ[新聞ウォッチ]

ここから本文です

「中止」の世論をよそに7月23日に開幕した東京オリンピックに伴う首都圏の大規模な交通規制を受け、この4連休(22~25日)の首都高速道路の交通量(速報値)が3年前の同じ時期と比べて2~3割ほど減少したそうだ。

国土交通省が集計したもので、最も減少幅が大きかった日曜日の25日には34.4%も減少。また、開会式があった23日には30.9%減。22日は21.2%、24日には28.6%それぞれ減ったという。

それも道理、首都高では午前6時~午後10時にマイカーなどの乗用車の料金を1000円上乗せする「ロードプライシング」が実施されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ