サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【木製シャシーにBMW V8】モーガン・エアロ8 英国版中古車ガイド モデルライフ18年

ここから本文です

【木製シャシーにBMW V8】モーガン・エアロ8 英国版中古車ガイド モデルライフ18年

BMW社製のV8エンジンを搭載

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

【画像】モーガン・エアロ8 最新のプラス・シックスと比較 全71枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


21世紀のモーガンとしてやや遅れて登場した、最新のプラス・シックス。軽量なアルミニウム製シャシーに、パワフルな直列6気筒ターボエンジンを載せ、独立懸架式のサスペンションを採用している。

英国マルバーンを拠点とするモーガンの設計思想を、正常進化させたモデルとはいいにくい。初代のモーガン・プラス・フォーとは大きく異なるクルマだが、それでもモーガンの魅力は備わっている。

一方で、2000年のジュネーブショーで発表されたのがモーガン・エアロ8。伝統主義を貫くという姿勢は、スポーツカーの成功を継続させるには不可欠な要素でもある。しかし、寄り目のニューモデルは、期待以上にモダナイズされていた。

エアロ8は、正真正銘のモーガンによる現代的なスポーツカーだ。BMW社製のV8エンジンを搭載し、0-100km/h加速は4.8秒と競争力も充分にある。

インボード・レイアウトのショックアブソーバーに、ダブルウイッシュボーン式のサスペンション、APレーシング社製の高性能ブレーキも獲得。動的な性能にも不足はない。

さらにエアコンやクルーズコントロール、ヒーター機能付きのフロントガラスなども獲得し、装備も充実。従来のモーガンとは別の次元のクルマに仕立てられていた。

ただし、モーガンらしさも健在。シャシーはセイヨウトネリコの木枠が主要構造をなし、左右非対称のダッシュボードは金属製。メーターやスイッチが盛大に並ぶ様子は、1960年代の飛行機のコクピットに見えなくもない。すべてが正常に動いていれば。

シリーズ4からは4.8Lへ排気量を拡大

2000年から2004年に生み出された、シリーズ1のエアロ8の台数は200台ほど。今でも英国の中古車サイトには、定期的に販売希望のクルマが出てくる。

その後シリーズ2へバトンタッチ。わずかな設計変更を受けアメリカの安全基準にも準拠し、車内空間も拡大された。エンジンもかなりのパワーアップを実現していたが、生産はわずか1年のみ。多くが個人のコレクションと化している。

シリーズ2を挟み、2005年にフェイスリフトを受けたシリーズ3が登場。それまでフォルクスワーゲン・ニュービートル用のヘッドライトを流用していたが、この代からミニのものへスイッチ。レトロな魅力を保ちつつ、現代化された雰囲気になっている。

メカニズム関係はシリーズ3までほとんど手つかずだったが、2007年、367psを発揮するBMW社製4.8L V8エンジンを搭載してシリーズ4が登場。この年からはロードスターも追加された。

BMWは、自社の搭載モデルが生産終了となっても、V8エンジンをモーガンのために製造し続けた。なんと親切な会社なのだろう。

シリーズ4では6速MTに加えて、6速ATも登場。スポーツモードも備え、MTより優れた直線加速性能をエアロ8へ与えている。

これ以外のモデルバリエーションとして、ボートテールを備えるエアロ・マックスやタルガトップのスーパースポーツなど、少量の高級モデルもモデル末期に登場した。

シリーズを通して進化や改良は限定的

モーガン・エアロ8の最後形として、シリーズ5が登場。2016年から2018年にかけて生産されている。有終の美を飾るべくエアロGTも投入されたが、生産台数は非常に限定的なものだった。

18年間のモデルライフを通じて作られ続けたエアロ8だが、進化や改良の範囲は限定的。どのシリーズを選択するべきかは、予算に応じて決める程度で構わないだろう。

初期のエアロ8の場合、英国のスターティングプライスは4万ポンド(616万円)くらいから。走行距離の短いシリーズ5や特別仕様車の場合、12万ポンド(1848万円)位の価格が英国では付いている。

専門家の意見を聞いてみる

メルビン・ラッター:メルビン・ラッター社代表

「市場規模は小さく、流通台数も多いとはいえません。モーガンが好きで乗っていて、運転して楽しんでいるケースが多いためでしょう」

「モーガンが難しい時代のモデルで、大きな利益を出せたとはいえませんでした。エアロ8を購入したドライバーの多くは、モーガンにこだわって登場を待った、強い意志を持つ人に限られたといえます」

「モーガン3ホイラーなどは、新しいユーザー層を広げることにつながっています。近年では、モーガン仲間も増える傾向にありますね」

不具合を起こしやすいポイント

エンジン

オプションのサイドエグゾーストは非常に貴重。2004年以前のモデルに限られ、迫力のあるノイズを楽しませてくれる。BMW由来のV8エンジンは個性があり堅牢。整備スケジュールは守り、純正部品を用いたい。

トランスミッション

BMWより防音性が低く、MTからのノイズは大きい。クイックシフターを取り付けることで、よりスムーズな変速が可能になる。

ボディとシャシー

シリーズ1と2は、ルーフまわりから雨漏りしがち。ガレージ保管が望ましい。シャシーは木質構造で、クラッシュ時の修理やメンテナンスは難しく、職人の技術が必要。モーガンのディーラーに任せた方が賢明だろう。

ボディパネルはシリーズによって異なる。特にトランクリッドは変化が大きく、交換時は気をつけたい。フロントスプリッターは位置が低く、飛び石キズをもらいやすい。

電気系統

フェンダー内のウインカー用コードなど、露出した配線が切れることがある。目視で確認したい。ニュービートル用のヘッドライトは、内部に水が侵入し曇ることがある。パワーステアリング・ポンプが弱点。交換部品は簡単に見つかる。

シリーズ1は、しばらく乗らないとスターターモーターが固着することがある。専用バッテリーの状態を保つため、専門ショップではコンディショナーを接続することが多い。

インテリア

後期型の方が車内はモダンだが、メンテナンスを怠ると摩耗や劣化は進む。モトリタ社製のステアリングホイールや、アルミニウム製のボスは人気の改造アイテム。アップデートされたステレオも、うれしい装備となるだろう。

知っておくべきこと

英国には現在、11のモーガン・ディーラーが存在する。各地にうまく分布しているから、メンテナンスのために長距離を移動するという悪夢は避けられる。しかし、すべてのディーラーでシャシー構造の修理が可能なわけではない。

ピッカーズリー・ロードのモーガン本社では、全面的なメンテナンスやレストアも請け負ってくれる。価格体系は固定で、わかりやすい。

英国ではいくら払うべき?

2万ポンド(308万円)~3万9999ポンド(615万円)

傷んだシャシーやボディなど、リビルドの必要なエアロ8が中心。手を出すには勇気がいるはず。

4万ポンド(616万円)~5万9999ポンド(923万円)

走り込んだシリーズ2のMT車などが英国では出てくる。執筆時に一番安かったのは、9万4900kmを走った2004年式だった。

6万ポンド(924万円)~7万9999ポンド(1231万円)

状態の良いエアロ8が欧州全域で見つかる。走行距離の多いシリーズ3などもちらほら。

8万ポンド(1232万円)以上

シリーズ4か5が混ざってくる。執筆時は、2010年のスーパースポーツが11万9950ポンド(1847万円)で売りに出ていた。

英国で掘り出し物を発見

モーガン・エアロ8 シリーズ5 登録:2017年 走行:2414km 価格:8万7995ポンド(1355万円)

筆者が発見した、最も年式の新しいモーガン・エアロ8。2017年式で、ボディはポルシェと同じクリーム・ホワイトで塗装されている。タンで仕上げられたインテリアの状態も良く、ほとんど未使用状態。ボディカラーとのマッチングもいい。

走行距離は2500kmにも達していない。恐らくパワートレインやシャシーの状態も、非常に良いはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します