サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【5年間で約2300件】トヨタも車両火災に注意喚起! 多くはライト類交換時の取付方法に問題か

ここから本文です

■5年間で約2300件の車両火災、その理由は?

 国土交通省「自動車の不具合による事故・火災情報」によると、2016年から2020年の5年間で自動車(乗用車、軽乗用車)の不具合による車両火災は約2300件(自動車メーカーなどが原因を調査した火災の件数)発生しています。

タイヤバーストに注意? 2014年製タイヤの破裂が増加している理由とは

 車両火災の原因として圧倒的に多いのが社外品のヘッドライトやフォグランプの「バルブ」(電球)の配線や取り付け不良だといいます。
 
 では、どのような状況で車両火災が発生することが多いのでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ