サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「セレナ」のスズキ版、「ランディ」の安全装備が充実

ここから本文です

「セレナ」のスズキ版、「ランディ」の安全装備が充実

ボディカラーの新色追加などで内外装もリフレッシュ

スズキは、3列シート8人乗りミニバンの「ランディ」を一部仕様変更。3月4日より発売を開始する。消費税込みの車両本体価格は、2,555,300円~3,447,400円。

スズキがインドネシアで3列シートの新クロスオーバー「XL7」を発表

ランディは、ゆったりくつろげる広い室内空間と運転のしやすさ、多彩なシートアレンジなどが好評のミニバンモデル。今回の一部仕様変更では、BSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)、LI(車線逸脱防止支援システム)、RCTA(後退時車両検知警報)を新採用。安全装備を充実させた。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当している。

 

さらに、今回の仕様変更ではフロントバンパー、フロントグリル、リヤバンパー、ヘッドランプ、インパネが新意匠に。内外装ともにデザインを一新した。車体色では、マルーンレッドパールメタリックとアズライトブルーパールの2色が受注生産色として新採用されている。




「ランディ」一部仕様変更車の主な特長

BSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)では、斜め後ろの車両と接触する危険を察知した場合、ブザーで警告を発し、ブレーキを制御することで自車をもとの車線内に戻るような力を短時間発生させ、接触を回避するようにドライバーのステアリング操作をアシストする。

LI(車線逸脱防止支援システム)は、車線から逸脱しそうになった場合、ブレーキ制御によって自車をもとの車線内に戻るように力を短時間発生させ、ドライバーのステアリング操作をアシストする。

RCTA(後退時車両検知警報)は、バックの最中、死角から近づいてくる車両を検知して警告音で注意を促す。

インテリジェント ルームミラー(2.0G)は、車両後方をカメラ映像でルームミラーに映し、常にクリアな後方視界を確保。

アダプティブLEDヘッドライトシステム(2.0G)は、ハイビームで走行中に前方の車両を検知した時、ハイビームの状態を保ちながら対向車にライトが当たらないようにコントロールする。

デザイン面は、内外装の意匠変更と車体色の追加に加えスクラッチシールド加工を全車体色に施した。インテリアは、インパネセンターガーニッシュの意匠を変更し、よりスタイリッシュな印象に。さらに2.0Gグレードでは、前席とセカンドシートに上質な印象のレザー調のシートクロスと本革巻シフトノブを新採用している。


おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します