サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、イタリアGPの事故は”レーシングインシデント”と主張。でも「前を向きプッシュを続ける」

ここから本文です
 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ロシアGPを前にチームのプレスリリースにコメントを寄せ、イタリアGPでのルイス・ハミルトンとのクラッシュはレーシングインシデントであると主張しつつも、次のロシアGPに向けて前を向くと語った。

 フェルスタッペンは前戦イタリアGPで、ハミルトンと接触。両者はクラッシュし、揃ってリタイアとなった。これについてはフェルスタッペンに非があるとして、ロシアGPでの3グリッド降格ペナルティが科されたが、フェルスタッペン本人は、今もレーシングインシデントだったと考えているようだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ