サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】マルク・マルケス、7月に事故死したウーゴ・ミリャン・ガルシアの家族へアラゴンGPのトロフィーを寄贈

ここから本文です

 MotoGPライダーのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、今年7月にヨーロピアン・タレントカップのレース中に14歳の若さで事故死したウーゴ・ミリャン・ガルシアの家族へ、自身がアラゴンGPで獲得したトロフィーを寄贈。ミリャンに向けたマルケスのコメントが公表された。

 2021年は若手ライダーの事故死が続いている。彼以外にもこれまで、Moto3のジェイソン・デュパスキエ、SSP300のディーン・ベルタ・ビニャーレスと3人の若い命が失われている。

■二輪レースの未来へ……ディーン・ベルタ・ビニャーレスのレース中事故死受け、”対策”への動きが始まる

 MotoGPでは事故から1ヵ月半後、ウーゴ・ミリャン・ガルシアの母国スペイン・アラゴンGPで黙祷を実施。

おすすめのニュース

サイトトップへ