サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【伝説のモナコGP】チェッカーに辿り着いたの僅か3台のみ……超サバイバルをパニスが制す:1996年

ここから本文です

 1996年のモナコGPも、ある意味伝説と言えるレースだった。同年はウイリアムズとフェラーリが強さを発揮し、それにベネトン勢が一矢報いるという時代。リジェはそれなりの戦闘力を手にしながらも、優勝候補とは程遠い存在だった。

 しかし同一周回での完走台数僅か3台……そんな超サバイバルレースを、リジェ・無限ホンダのオリビエ・パニスが制したのだった。

■鈴鹿で感動的な再会。中野信治が語るF1時代の「数少ない理解者」オリビエ・パニス

 午前中に降った雨により、スタート時の路面は完全にウエット。しかし雨粒は落ちておらず、徐々にコンディションは改善していくものと見られていた。この時点でパニスは14番手スタート。誰もパニスが優勝するとは思っていなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ