サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車内がお姫様のベッド化! インパネが芝生に! 国産ユーザーには信じられない昔の輸入車の珍トラブル7選

ここから本文です

車内がお姫様のベッド化! インパネが芝生に! 国産ユーザーには信じられない昔の輸入車の珍トラブル7選

 この記事をまとめると

■昔の輸入車によくあったトラブルを紹介

「ドアがあっても座席がない」「ぶつける前提のボディ」日本人の発想が追いつかない輸入車「珍装備」5つ

■車内だけでなく機関部にもよく問題が起こった

■パーツが日本の気候と合っていないのがその原因とされていた

 今では激減した懐かしき輸入車トラブルを振り返る

 輸入車にはお国柄やメーカーによる独自の味わいがある。

 今でこそ、本国資本のインポーターがしっかりとしていて、ディーラー網も整備されており、品質も確保されているが、その昔は輸入体制がしっかりとしていないメーカーもあって、ビックリするような不具合が起きたりした。

 輸入車全体の持病的なものもあったりして、逆に日本車が神経質なのでは? と思うこともあったが、今回はそんな輸入車の珍トラブルを紹介しよう。

 天井が垂れる

 現在でも同様だが、内張りというのは芯となる板に表皮を貼って作られている。もちろん剥がれることはない。しかし、輸入車の場合、これが剥がれ落ちてくることがあったのだ。

 布だけなので、お姫様のベッドのようになる。日本の湿気が原因という意見もあったが、ヨーロッパに行って見ても垂れていたので、接着剤の問題だろう。

 警告灯が点灯する

 警告灯については世界基準だったりするので、機能自体に変なところはない。問題は誤作動。

 エンジンチェックランプなどが点いてビックリしたものの、点検してもらったら不具合はなにもないということも。しかも知らない間に消えているし。「ご機嫌ななめ?」なんて悠長なことを言う人もいたが、オオカミ少年にもなりえるので恐ろしいことではあった。

 仕立ても機関部も日本車と比べるといい加減だった

 インパネの表面がベタベタする

 ラテン車に多かったのが、プロテイン塗装と呼ばれる処理。劣化防止のためのコーティングみたいなものなのだが、これが新車からしばらくするとベタベタになってくる。そこにホコリが付くと芝生みたいになってみっともないというか、汚いというか……。特殊な薬品で溶かして取れるので、ひどい場合は剥がして塗装したりした。

 電動ファンがまわりっぱなし or まわらない

 輸入車は電気系が弱いと言われていたが、実際のところ間違っていない感じ。接触が悪くなったりいろいろと不具合が発生するが、オーバーヒートにつながる電動ファンも多かった。まわらない、もしくはまわり続けるので、「よかったですね、まわりっぱなしの方で」と言われたこともある。

 天井の剥がれ同様に、日本は湿気が多いからというのが理由とされていたが、根本的に設計や品質が悪いせいだったと思われる。

 ブレーキ鳴きがひどい

 とにかく異音にうるさいのが日本人と言われるが、ブレーキに関しては鳴きが出ることが多かった。イタリアでメカに聞いたことがあるが、「こんなもんだろ、ブレーキは挟んで利くものだから。気にするな」だった。そのほか、オイル漏れをするのも同様な意識だったりした。

 ATがゴロゴロ言う

 今でこそ、ヨーロッパでもAT比率が上がっているが、20年ぐらい前までは1割ぐらいだった。一方の日本はもっと高く、とにかく輸入車のATは異音が出やすい、ショックが大きい、壊れやすいの3重苦だった。作り慣れていないのだから仕方がないか。

 タイミングベルトが切れる

 とくに言われたのがイタ車。現在でこそ良くなったものの、ちょっと前まで10万km前に交換したほうが良いと言われていたし、その前は4万km毎とか言われていた。

 ちなみに指定は日本車と同じ10万km毎だったものの、外してみると妙に細かったし、実際切れたという話も聞いたものである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら