サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マルチスズキ、鉄道による新車輸送が15%増…6年で3000トンのCO2を削減

ここから本文です

スズキ(Suzuki)のインド子会社のマルチスズキは7月8日、過去6年間で67万台以上の新車を鉄道輸送し、およそ3000トンのCO2排出量と1億リットル以上の石油を節約した、と発表した。

マルチスズキは2014年3月から、鉄道車両を使用して新車を輸送している。2019年度には、マルチスズキの新車販売の12%にあたる17万8000台以上の新車が、鉄道で輸送された。鉄道輸送の割合は、前年度に対して15%増加している。

マルチスズキは当初、シングルデッキの鉄道車両で新車を輸送していた。しかし、輸送効率を引き上げるために、この6年間にさまざまな改良を施してきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ