現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 乗っているとニコニコしてしまう、電動キックボードを公道で乗るには?

ここから本文です

乗っているとニコニコしてしまう、電動キックボードを公道で乗るには?

掲載
乗っているとニコニコしてしまう、電動キックボードを公道で乗るには?

原付ナンバーをつければ走行可能だが、最高速23km/hというのは不安も

グループ企業により中国で各種の電動モビリティを製造、日本で販売しているキントーンの製品ラインナップ試乗会が10月30日に茨城県常総市にて開催された。クローズドな場を試乗会場として設定していたが、そこにあった電動キックボード「キントーン・アルファ・ゴー(Kintone α GO)」には原付ナンバーが付いていた。当然、ウインカーやヘッドライト、テールランプなども備わっている。この電動キックボードは公道走行可能な状態での販売が予定されている。

現時点では開発中のプロトタイプということで、これから各部が洗練される可能性もあるという説明だったが、少なくとも乗り味については改善の必要性がないと思えるほど楽しいモビリティに仕上がっている。最初の走り出しは足でけり出すが、そこからはモーターを内蔵したフロントタイヤにより駆動。アクセルレバーはハンドル部分に備わり、そのパワーは三段階に切り替えることができるというのが大まかなプロフィール。ハンドルには速度などを示すデジタルメーターやモーターを利用したブレーキレバーも備わり、たしかに保安基準を満たしているであろうことが見て取れる。海外ではシェアリングモビリティとして流行中の電動キックボード、日本でも公道で乗れるようにメーカー自身がアプローチしているのだ。

▼Kintone α GO
・予定価格 99,900円(税抜き)
・最高速度23km/h
・最大走行距離 1回の充電で5~10km
・本体重量 10kg(持ち運び可能)
・最大体重制限:120kg
・充電時間 4時間
・サイズ  縦105cm、横47cm、高さ120cm

では、この「キントーン・アルファ・ゴー」に実際に乗ってみるとどうなのか? 折りたたみ式ということもあり、パッと見の印象は華奢な構造というものであり、これで公道を走るというのは、無理があるのでは? という第一印象があったのは事実だ。しかし、乗り始めてしまうと、そうした先入観はどこかへ吹き飛んでしまう。

とにかく動かしていることが楽しいのだ。極小径タイヤで、サスペンションもなにもないフレームだから路面の状態はダイレクトに伝わってくる。石畳のような路面ではそれなりにバランスを取る必要はあるのだが、電動パワートレインのレスポンスとトルク感のおかげで駆動力をかけていれば十分に自立して走ることができる。そのため転んでしまうような不安は皆無で、コーナリングでもそれなりに車体を傾けることができる。その際に、ボディ後端のナンバープレートが路面と干渉してしまうのは要改善だが……。

エンジンを積んだキックボードというアイデアは昔からあったが、おそらくそうした動力付きキックボードではレスポンスの問題からどこか荒々しい乗り味だったろう。小型軽量なバッテリーやモーターといった電動パワートレインであれば、欲しいだけの駆動力をリニアに得ることができる。だからこそ乗り手との一体感が生まれ、そこにモビリティの原点ともいえる楽しさがある。乗っていると、自然と笑顔になってしまう。

スペック上の最高速度が23km/h、今回の試乗ではアクセル全開時はメーター読みで20km/h程度の速度だったこともあり、混合交通の中で安全なモビリティとして利用するためには注意すべき点はある。しかし、少なくとも単独で乗っている限りにおいて、電動キックボードがこれほど楽しい“のりもの”であるというのは大きな発見だった。

だからこそ欧州や中国で電動キックボードが流行っているのだろう。シェアリングモビリティというのは単にコストに見合った便利な移動手段だから普及するというわけではなく、“のりもの”である限り、そこにファン・トゥ・ドライブ、ファン・トゥ・ライド感があることは欠かせないのかもしれない。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ドゥカティの最新型マシン削減方針、VR46は不満「プラマックのように2台最新型が欲しかった」
ドゥカティの最新型マシン削減方針、VR46は不満「プラマックのように2台最新型が欲しかった」
motorsport.com 日本版
「実効空力」と「しなるホイール」って……こんなに違うの!? ホンダアクセスのパーツを装着したヴェセルの走りが衝撃だった
「実効空力」と「しなるホイール」って……こんなに違うの!? ホンダアクセスのパーツを装着したヴェセルの走りが衝撃だった
WEB CARTOP
21ポジションアップの大逆転。ウィル・パワーが今季2勝目、ペンスキー勢がダブルヘッダー完勝/インディカー
21ポジションアップの大逆転。ウィル・パワーが今季2勝目、ペンスキー勢がダブルヘッダー完勝/インディカー
AUTOSPORT web
アルピナ製BMW5シリーズ全7世代をテスト!5シリーズはアルピナブランドの心臓であり魂だ
アルピナ製BMW5シリーズ全7世代をテスト!5シリーズはアルピナブランドの心臓であり魂だ
AutoBild Japan
MTで操れるトヨタのコンパクトスポーツカー「GR86」が進化! “グリーンのボディ×ブラウンの内装”がおしゃれな限定車も注目です
MTで操れるトヨタのコンパクトスポーツカー「GR86」が進化! “グリーンのボディ×ブラウンの内装”がおしゃれな限定車も注目です
VAGUE
面倒な客には「無理して売らない」が令和スタイル! お客も知っておくべきいまどきの新車販売現場
面倒な客には「無理して売らない」が令和スタイル! お客も知っておくべきいまどきの新車販売現場
WEB CARTOP
宮城の老舗ショップ「コズミック」製作のカスタムハーレーを紐解く
宮城の老舗ショップ「コズミック」製作のカスタムハーレーを紐解く
バイクのニュース
[15秒でニュース]アジアラリー王者奪還へ、三菱『トライトン』の準備は万端
[15秒でニュース]アジアラリー王者奪還へ、三菱『トライトン』の準備は万端
レスポンス
シボレー カマロ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
シボレー カマロ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【最新モデル評価】最新シビック・タイプRはFF世界最速の称号を獲得。「赤バッジ」は速いホンダの象徴である!
【最新モデル評価】最新シビック・タイプRはFF世界最速の称号を獲得。「赤バッジ」は速いホンダの象徴である!
カー・アンド・ドライバー
【途中経過】2024年WEC第5戦サンパウロ6時間 決勝3時間後
【途中経過】2024年WEC第5戦サンパウロ6時間 決勝3時間後
AUTOSPORT web
ヤマハSDR[名車バイクレビュー] レプリカブームへのアンチテーゼ。反骨心の単独行で人気者だった!?
ヤマハSDR[名車バイクレビュー] レプリカブームへのアンチテーゼ。反骨心の単独行で人気者だった!?
WEBヤングマシン
トヨタの新「プリウス“モンスター”」発表に反響多数! 「ド迫力で最高」「まさにスーパーカー」の声! ワイドボディに「6本出しマフラー」の「シャコタン仕様」発売
トヨタの新「プリウス“モンスター”」発表に反響多数! 「ド迫力で最高」「まさにスーパーカー」の声! ワイドボディに「6本出しマフラー」の「シャコタン仕様」発売
くるまのニュース
[クルマのトラブル] うっかり“ドアパンチ”しちゃった/気づいたらドアパンチされてた…。どうするべきか?
[クルマのトラブル] うっかり“ドアパンチ”しちゃった/気づいたらドアパンチされてた…。どうするべきか?
月刊自家用車WEB
ブリクストン「フェルスベルク 125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「フェルスベルク 125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ
1列目のシートがクルっと回転! 三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
1列目のシートがクルっと回転! 三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
運転免許更新は[予約が必要]って知らんかった!! でも70歳以上は[予約不要]ってなんで?
運転免許更新は[予約が必要]って知らんかった!! でも70歳以上は[予約不要]ってなんで?
ベストカーWeb
マルティンとバニャイアの逆転劇、鬼門の右コーナー。ザルコの鈴鹿8耐/MotoGPの御意見番に聞くドイツGP
マルティンとバニャイアの逆転劇、鬼門の右コーナー。ザルコの鈴鹿8耐/MotoGPの御意見番に聞くドイツGP
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村