サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【クラウンの軌跡 12】12代目は伝統の制約から解き放たれ、すべてをゼロから開発

ここから本文です
日本を代表する乗用車といえば、まずトヨタ クラウンの名が思い浮かぶのではないだろうか。初代が登場してから、2020年の1月で65年になる。そこで、初代から現行型まで歴代のクラウンの軌跡を振りかえってみよう。今回は、12代目のGRS180/UZS180系を紹介する。

トヨタ高級セダンの新たな潮流をつくる
■GRS180/UZS180系(2003年12月~)
クラウンは刷新や革新より継承を美徳とする高級車である。が、2003年(平成15年)12月に衝撃的なデビューを飾った12代目のクラウンは違った。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン