サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリのルクレール「遅くとも2021年までにはF1タイトルを獲得したい」

ここから本文です

フェラーリのルクレール「遅くとも2021年までにはF1タイトルを獲得したい」

フェラーリのルクレール「遅くとも2021年までにはF1タイトルを獲得したい」

 フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2年以内にチャンピオンを獲得したいという意思を明らかにした。

「2020年にはタイトルを獲得できるといいね。けれども確実に勝ち取ることができるのであれば、喜んで2021年まで待とう」と、ルクレールは1月初旬に開催されたオートスポーツ・インターナショナル・ショーで語った。

フェラーリF1がニューマシン開発で躓きとの報道。空力面に問題か

「基本的に、(目標は)世界チャンピオンになることだ。ひどく楽観的だが、僕は常に高い目標を持っている」

 23歳のルクレールは2018年のオーストラリアGPでザウバーからF1デビューを果たして以来、42戦に出場してきた。

 ルクレールは昨シーズンはじめにフェラーリに加入し、7度のポールポジションと2回の優勝を達成。ドライバーズ選手権をランキング4位で終え、より経験豊富なチームメイトであるセバスチャン・ベッテルをも打ち負かしている。

 最終的なランキングでは、ルクレールはレッドブルのマックス・フェルスタッペンからは14ポイント差だったが、トップに君臨するメルセデスの2名、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスからは大差をつけられた。

『Crash.net』はルクレールが以下のように語ったと報じた。

「(差を縮めるのは)簡単なことではないだろう。目標は常に、最も高いところに掲げている。つまり、もしも僕が(目標達成に)失敗したとしても、少し足りないくらいの状態ということになる」
 2021年には大幅な規則改定が実施されるため、今季は現行の技術レギュレーション下で行われる最後のシーズンとなる。ルクレールは、このシーズンは通常よりも重要なシーズンになると位置づけている。

「2021年にはバジェットキャップが導入されるので、(2020年に)チームは多くを投資することになり、非常に重要な1年になると思う」

「2021年に向けては可能な限りの準備をしていくよう努力する。大変なシーズンになるだろうからね。チャンピオンを獲れる、適切なマシンを作り上げられるよう、チームとして正しい取り組みをしていけることを願っている」とルクレールは語った。

 ルクレールの言う「正しい取り組み」には、コース上でベッテルとクラッシュをするといった、損失の大きな過ちを繰り返さないことも含まれている。

「ふたりとも、勝ちたいという気持ちがとても強いから、ときにはコース上で摩擦が起きることもある」と、彼はブラジルで2台がともにリタイアを喫する原因となった事故について述べた。

「僕らふたりにとって良い教訓になったし、もう二度と起きないだろう」

 ルクレールは2024年末までの複数年契約を締結しており、長期に渡ってフェラーリに留まることが確定している。

 また彼の弟であるアーサー・ルクレールもフェラーリ・ドライバー・アカデミーに加入しており、家族ぐるみでフェラーリとの関係が生じている。ルクレールにとっては、野望に向けて戦える状況が整いつつあるといえるだろう。

「チャンスなんだ。勝つために、すべてをかけていくつもりだ。結局のところ、僕は最高のチームである彼らのために走っている」

「彼らにふさわしい結果をもたらしたい。コース上でどんな仕事をするかは僕自身にかかっている」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します