サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダF1のフェルスタッペン、表彰台を失い落胆「何が起きたのか分からない。開幕戦でトラブルとは…」

ここから本文です

 2020年F1オーストリアGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはトラブルのためにリタイアを喫した。

 レッドブル・レーシングの要求により決勝スタート直前にルイス・ハミルトン(メルセデス)の黄旗無視についての再調査が行われた結果、予選2番手のハミルトンへの3グリッド降格のペナルティが決定。それによって予選3番手のフェルスタッペンは2番グリッドに繰り上がった。

ホンダF1、表彰台ならず「3台リタイアという非常に厳しい結果。トラブルについてはチームと共に解析する」と田辺TD

 フェルスタッペンは上位10人のなかで唯一ミディアムタイヤでスタート、2番手をキープしながら順調に周回を重ねていたが、問題が発生し、11周目のターン1で急激にスローダウン。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン