サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 狭い道の走行、Uターンなど運転のしやすさは文句なし!マツダの最新SUV「CX-30」試乗レポート

ここから本文です

マツダの最新クロスオーバーSUVがCX-30だ。車格的にはCX-5とCX-3の中間よりややCX-3寄りで(価格的にも)、マツダ3をベースにホイールベースと全長を短縮し、全高を立体駐車場に入りやすい1540mmに抑えた会心作。

シャープな折れ線を持たないエクステリアデザインは、“美しすぎるハッチバック/セダン”のマツダ3の延長線上にあるものの、黒い樹脂のクラッティングパネルの面積を幅広く取り、SUVらしさをアピール。これはクーペ風のボディを薄く見せる効果もあるという。

始めてフルコネクティッドを採用したクロスオーバーモデル。マツダ「CX-30」を試乗して気づいたこと

ショーティーな全長、ホイールベースの採用もあって、CX-30は前席優先のパッケージとなる。