サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2020年の「鈴鹿8耐」は創設以来初となる延期からの開催中止 新型コロナウイルス感染拡大状況により判断

ここから本文です

■2020年の開催は見送り、次回開催は2021年の夏へ

“真夏の祭典”として1978年創設以来、多くのバイクレースファンに楽しまれてきた「鈴鹿8耐」ですが、2020年の開催は新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止と発表されました。

初期型NSR500は暴れん坊マシン!! F・スペンサー用に開発されたマシンはシーズンを全戦走れなかった!!

 主催者である株式会社モビリティランドは、2020年10月30日(金)から11月1日(日)に鈴鹿サーキットで開催を予定していた『2019-2020 FIM世界耐久選手権最終戦 “コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会』の開催を、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止すると発表しました(2020年8月12日)。

おすすめのニュース

サイトトップへ