サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > キャッシュレス決済はMaaSの基盤---導入する交通事業者を支援、補助金支給先を決定

ここから本文です
国土交通省は7月3日、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)普及に向けた基盤整備の一環として、キャッシュレス決済の導入を支援する交通事業者を決定したと発表した。

国土交通省は、地域や観光地の移動手段の確保・充実、公共交通機関の維持・活性化を図るため、新たなモビリティサービスであるMaaSの全国への普及を推進している。MaaSの普及では、基盤整備の一環として地域の公共交通の利便性を向上し、活性化させることが重要となる。このため、2020年度からキャッシュレス決済を導入する交通事業者に補助金を支給して支援する。

おすすめのニュース

サイトトップへ