サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 3気筒エンジンが好調? トライアンフは日本における年間登録台数1958台で過去最高に

ここから本文です

3気筒エンジンが好調? トライアンフは日本における年間登録台数1958台で過去最高に

■モダンクラシックのみならず魅力的なモデルが登録台数を底上げ

 トライアンフ・モーターサイクルズ・ジャパン(以下、トライアンフ)は、2019年の年間登録台数が1958台(昨年対比113%)となり、過去最高実績であることを発表しました(JAIA集計実績)。さらに2019年12月の月間登録実績234台は、12月単月での登録実績として過去最高だったと言います。

英国生まれのトライアンフ「ストリートツイン」には、バイクに乗る気持ち良さが多く詰まっている!!

 トライアンフでは近年 3つの戦略方針を掲げており、「ブランド認知の向上」「新製品攻勢」「販売店網の刷新」を中心に、次の時代へ向けたビジネスの改革に取り組んでいます。

 3つの戦略方針の中でも、とくに「販売店網の刷新」は目覚ましい結果を上げており、例として2019年8月にオープンした「トライアンフ大阪」 (運営会社:豊国商事株式会社 代表取締役:阪田 博、大阪府大阪市)を挙げています。

 同店は最新CI(コーポレート・アイデンティティ)を採用した店舗として、国内最大級のスペースと品質を兼ね備えた新築4階建てのトライアンフ専売拠点として生まれ変わり、オープン以来これまでの約5倍の来場者数を獲得するなど、既に高い実績を挙げていると言います。

 また「販売店網の刷新」と共に大きな成果を挙げたのが「新商品攻勢」です。2019年度は型式数で9モデル(新型車・限定車)を導入し、中でも2019年11月に発売した新型「Street Triple RS(ストリートトリプルRS)」は、英国トライアンフのMoto2エンジンチームによるエンジンパフォーマンスの大幅な向上とクラストップレベルの装備に加え、143万7000円(消費税10%込み)というメーカー希望小売価格により、初期の販売実績が当初計画の約2倍に達し、登録台数のアップに大いに貢献しています。

 2020年は「ROCKET 3 R(ロケット3 R)」「THRUXTON RS(スラクストンRS)」「DAYTONA MOTO2 765(デイトナ MOTO2 765)」「BONNEVILLE BOBBER TFC(ボンネビル・ボバーTFC)」などのほか、型式数で13モデルを導入予定とのこと。トライアンフ新型車・限定車の日本上陸に期待が高まります。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します