サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ついにレッドブルでコツを掴んだ? ペレス「他のコースでパフォーマンスを発揮できない理由はない」

ここから本文です

 レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンと共にF1第6戦アゼルバイジャンGPの決勝レースでワンツー体制を築いた。しかしフェルスタッペンがタイヤトラブルでリタイア。代わって首位に立ったペレスが自身通算2勝目、レッドブルでの初優勝を挙げた。

 ペレスは週末を通じて印象的なペースを発揮。FP2ではトップ、FP3では2番手となった。しかし予選ではトラフィックや赤旗の影響があり、6番グリッドに留まった。

■レッドブル代表、チーム加入後初優勝のペレスは「予想以上の仕事をしてくれている」と絶賛

 決勝レースでは好スタートを決めて早々に4番手まで浮上すると、コース上でシャルル・ルクレール(フェラーリ)をパス。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン