サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハンドサイクル事故で重体のアレッサンドロ・ザナルディ、3度目の手術受ける。集中治療室で昏睡続く

ここから本文です

 元F1ドライバーでCARTチャンピオンであるアレッサンドロ・ザナルディは、6月19日にイタリアで参加したハンドサイクルのイベント中に事故に遭い、頭部及び顔面を損傷。これまでに2度の手術を受けてきた。

 そして7月6日、彼の入院している病院は最新の情報を発表。ザナルディが5時間に及ぶ手術を受け、進行中のリハビリ計画の一環として顔面再建に焦点を当てたオペだったと説明した。

■アクセルは左手、ブレーキは右手……ザナルディが両手で操作可能な自身のコックピットを解説

 声明には「患者は顎顔面と神経外科の専門家によって、頭顔の再建と、外傷によって影響を受けた領域の安定化を目的とした、新たな手術を受けた」と、記されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ