サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1トラックリミット問題解決に向け、ワーキンググループを設置へ「分かりやすく明確なものを考え出すことが必要」

ここから本文です

 レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、トラックリミットの状況について有益な話し合いがあったと述べている。

 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、開幕戦バーレーンGPの決勝レースでトラックリミットを超えたことによりルイス・ハミルトン(メルセデス)に首位を座を戻さねばならず、その後の第3戦ポルトガルGPでは、やはりトラックリミット違反をしたことでポールポジションとファステストラップを失った。

「フェルスタッペンの最速ラップ抹消は正当」とFIA。レッドブルF1首脳陣の不満に取り合わず

 問題なのは、トラックリミットは一部のコーナーだけで運用されているということだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン