現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 脱「コの字」型ヘッドライト採用! [新型フォレスター]は新世代スバルSUVの旗手となるのか?

ここから本文です

脱「コの字」型ヘッドライト採用! [新型フォレスター]は新世代スバルSUVの旗手となるのか?

掲載 8
脱「コの字」型ヘッドライト採用! [新型フォレスター]は新世代スバルSUVの旗手となるのか?

 新型フォレスターは、従来のスバル車全般に取り入れられているテイストとは違ったデザインとなっている。そこで、その源流となっているコンセプトモデル、「VIZIV」シリーズを振り返ってみた。

文:ベストカーWeb編集部・渡邊龍生/写真:スバル

脱「コの字」型ヘッドライト採用! [新型フォレスター]は新世代スバルSUVの旗手となるのか?

■「コの字型」ヘッドライトは水平対向エンジンのピストンがモチーフ

現行5代目フォレスターは「コの字」型ヘッドライトを採用

 新型フォレスターはこれまでのスバルSUVのテイストとは明らかに違っている。それはフロントヘッドライト形状がこれまでの一連の「コの字」とは違ったものになっているからだ。

 ちなみに、この「コの字」型は水平対向エンジンのピストンを横から見た際の形がパルスとなって表されている。

 そもそもスバルデザインの現在の源流は「ダイナミック×ソリッド」がデザインフィロソフィーとなっている。その意味合いは「安心」をイメージさせるソリッドな塊感をベースとし、「愉しさ」を感じさせるダイナミックな躍動感との融合を目指したもの。



記事リンク















前の記事





次世代ハイブリッド搭載の[新型フォレスター]は[燃費]も[乗り心地]も歴代最高間違いなし!! 騒音低減の新技術を採用!















次の記事





日本での[新型フォレスター]の価格は果たしていくら!? 北米ではスタート価格405万円だが……日本では300万円台後半~400万円台か?















■VIZIVシリーズの変遷を追う

2013年3月に公開されたVIZIVコンセプト

 このデザインフィロソフィーを初めて採用したのはVIZIV2からだったが、歴代VIZIVのSUV系コンセプトを見ていこう。

 VIZIV(ヴィジヴ)は「Vision for Innovation」を語源とする造語で、スバルの一連のコンセプトカーに付けられているコンセプトモデル名。VIZIVシリーズのコンセプトカーは近年のスバル市販車にそのまま直結するケースがほとんどだった。

 SUV系のVIZIVを紐解いていくと、スバルがVIZIV第1弾として、2013年3月のジュネーブショーで初公開したのがVIZIVコンセプト。クロスオーバーSUVのコンセプトカーで、PHVシステムを搭載。

VIZIVエボリューション

 続いて同年10月の東京モーターショーで公開されたVIZIVエボリューションは、ほぼVIZIVコンセプトと外観は同じだが、新型1.6LBOXER直噴ターボにパワートレーンが変更された。

 この2台は次世代クロスオーバーのスタディモデルであり、現実のモデルには直結しなかった。

VIZIV2は2014年に公開

 続く2014年3月のジュネーブショーで公開されたVIZIV2は4ドアクロスオーバーSUVのコンセプトカー。当時はこれが次期フォレスター(現行型5代目モデル)と予想されたが、VIZIV2のデザイン要素が先代インプレッサとXVにも採り入れられていた。

VIZIVフューチャーコンセプト

 さらに2015年10月の東京モーターショーで公開されたVIZIVフューチャーコンセプトは、1.6L直噴ダウンサイジングターボにハイブリッドシステムを組み合わせ、シンメトリカルAWDを搭載。こちらが現行5代目フォレスターの源流となった。

2016年のVIZIV-7コンセプト

 2016年11月に発表されたVIZIV-7コンセプトは全長5200×全幅2030×全高1860mmという、北米市場専用モデルのクロスオーバーSUV。3列シート7人乗り。こちらは北米専売の3列シートSUV、アセントとして市販化されている。

■新デザインテイストとなる新型6代目フォレスターに期待!

新型6代目フォレスターは間もなく登場!

 すでにスバル初となるストロングハイブリッド採用で登場することがアナウンスされている日本仕様の新型フォレスターだが、その登場は2024年秋が有力視されている。

 すでに北米では水平対向4気筒2.5LのNAエンジンを積んで販売されているが、こちらではストロングハイブリッドモデルは追加設定となる。果たして日本で従来からのデザインを脱却した新型フォレスターがどのように受け入れられるのかに注目したい。

【画像ギャラリー】新型フォレスターは新世代スバルデザインに路線変更へ!(26枚)

投稿 脱「コの字」型ヘッドライト採用! [新型フォレスター]は新世代スバルSUVの旗手となるのか? は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【クラシック オブ ザ デイ】メルセデス Gクラス ゲレンデヴァーゲンの伝説は45年前に始まった 19枚の写真付
【クラシック オブ ザ デイ】メルセデス Gクラス ゲレンデヴァーゲンの伝説は45年前に始まった 19枚の写真付
AutoBild Japan
茨城の高速道路「新路線」計画スタートに反響多数!?「渋滞すごいから助かる」「早く作って」日本最大級の臨海工業地域に直結「鹿行南部道路」のスゴさとは
茨城の高速道路「新路線」計画スタートに反響多数!?「渋滞すごいから助かる」「早く作って」日本最大級の臨海工業地域に直結「鹿行南部道路」のスゴさとは
くるまのニュース
「シート一体型ベルトテンショナー」をZFが発表、乗員保護だけでなく「楽しさ」も実現する新技術
「シート一体型ベルトテンショナー」をZFが発表、乗員保護だけでなく「楽しさ」も実現する新技術
レスポンス
僕には必要な勝利なんだ! マクラーレン、緊迫のチームオーダー。ドライバーとエンジニアは何を言っていた?|F1ハンガリーGP
僕には必要な勝利なんだ! マクラーレン、緊迫のチームオーダー。ドライバーとエンジニアは何を言っていた?|F1ハンガリーGP
motorsport.com 日本版
トヨタ シエンタ(2022/08-)〈いま新車で買えるクルマカタログ〉このサイズで最大7名乗車が可能な、コンパクトミニバンの定番モデル
トヨタ シエンタ(2022/08-)〈いま新車で買えるクルマカタログ〉このサイズで最大7名乗車が可能な、コンパクトミニバンの定番モデル
月刊自家用車WEB
合格率はなんと90%……でも「合格したから安心」とは言えない!? 意外と知らない70歳以上のドライバーが受ける高齢者講習の中身
合格率はなんと90%……でも「合格したから安心」とは言えない!? 意外と知らない70歳以上のドライバーが受ける高齢者講習の中身
WEB CARTOP
トヨタ新型「ルーミー」はいつ発売? 全長3.7m級「背高&スライドドア」採用で次期型に何を期待? 「まもなく」と「27年」の噂… 販売店に寄せられる声は
トヨタ新型「ルーミー」はいつ発売? 全長3.7m級「背高&スライドドア」採用で次期型に何を期待? 「まもなく」と「27年」の噂… 販売店に寄せられる声は
くるまのニュース
首都高への誤進入 一番多いのは「原付」!! 入ってしまった場合の対処法とは?
首都高への誤進入 一番多いのは「原付」!! 入ってしまった場合の対処法とは?
バイクのニュース
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]“音”か“使い勝手”か、不満に対して最適な作戦を選択!
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]“音”か“使い勝手”か、不満に対して最適な作戦を選択!
レスポンス
メルセデスAMG EQS53 4マティック+【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
メルセデスAMG EQS53 4マティック+【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【最新モデル解説】LBXモリゾウRRを究極レクサスと考える、これだけの理由
【最新モデル解説】LBXモリゾウRRを究極レクサスと考える、これだけの理由
カー・アンド・ドライバー
マツダ新型「“超幅広”SUV」公開! トヨタ製「ハイブリッド」搭載で40%以上“燃費向上”!? 専用デザインもある「CX-50 H」加に登場
マツダ新型「“超幅広”SUV」公開! トヨタ製「ハイブリッド」搭載で40%以上“燃費向上”!? 専用デザインもある「CX-50 H」加に登場
くるまのニュース
ラズガットリオグルが3戦連続3レース勝利、破竹の10連勝を飾る/SBK第6戦チェコ
ラズガットリオグルが3戦連続3レース勝利、破竹の10連勝を飾る/SBK第6戦チェコ
AUTOSPORT web
かなりイケてる! VWのEV「ID.シリーズ」に新モデル登場  新たなサブブランドで登場した新型「ID.ユニックス」は中国専用クーペSUV
かなりイケてる! VWのEV「ID.シリーズ」に新モデル登場 新たなサブブランドで登場した新型「ID.ユニックス」は中国専用クーペSUV
VAGUE
【正式結果】2024年F1第13戦ハンガリーGP決勝
【正式結果】2024年F1第13戦ハンガリーGP決勝
AUTOSPORT web
【F1第13戦決勝の要点】ピアストリの初優勝に水をさしたマクラーレンの稚拙な判断と残念なチームオーダー
【F1第13戦決勝の要点】ピアストリの初優勝に水をさしたマクラーレンの稚拙な判断と残念なチームオーダー
AUTOSPORT web
車検証&自賠責保険証のコピー積載はNG? バイクに積載義務のあるものまとめ
車検証&自賠責保険証のコピー積載はNG? バイクに積載義務のあるものまとめ
WEBヤングマシン
伝説の死闘が再び! 富士マイナーツーリング2024開催決定!
伝説の死闘が再び! 富士マイナーツーリング2024開催決定!
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

8件
  • je2********
    コの字型ライトはスバル自らのデザインじゃん
    強制されていたは訳ではないから脱は誤りだろ、言葉を知らない愚か者
  • cb1********
    フォレスターもついに200万円台で買えなくなるか・・・。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3467.5万円

中古車を検索
フォレスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3467.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村