サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヨシムラSERT完勝、2位はSRCカワサキ、BMWが44番手から3位奪取。TSRホンダは転倒&トラブルで後退/2021EWC第1戦ル・マン24時間

ここから本文です

ヨシムラSERT完勝、2位はSRCカワサキ、BMWが44番手から3位奪取。TSRホンダは転倒&トラブルで後退/2021EWC第1戦ル・マン24時間

ヨシムラSERT完勝、2位はSRCカワサキ、BMWが44番手から3位奪取。TSRホンダは転倒&トラブルで後退/2021EWC第1戦ル・マン24時間

 6月12~13日、FIM世界耐久選手権(EWC)2021シーズン第1戦ル・マン24時間耐久ロードレースの決勝レースがフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、ヨシムラSERT Motul(グレッグ・ブラック/チャビエル・シメオン/シルバン・ギュントーリ組)が優勝した。8時間と16時間終了時点でもラップリーダーだったため中間ポイントも含めフルポイントを獲得している。
 
 今季のEWC開幕戦として行われたル・マン24時間だが、2年連続で無観客の開催となった。チームの体制変更もあり、日本チームのF.C.C. TSR Honda Franceに高橋裕紀が加わり、Suzuki Endurance Racing TeamはヨシムラとジョイントしたことでヨシムラSERT Motulとして戦うことに注目が集まった。
 
 予選はYART - Yamaha Official Team EWC(カレル・ハニカ/マービン・フリッツ/ニッコロ・カネパ組)が平均タイム1分35秒804を記録しポールポジションを獲得した。2番手以降はヨシムラSERT Motul、BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAM(BMWモトラッド)となり、F.C.C. TSR Honda France(TSRホンダ)は6番手となった。

 46台が出場した決勝レースは、レースが折り返しに入ったタイミングでは、9台リタイアしたため36台へと減った。この時点でトップが429周のヨシムラSERT Motul、2番手が5ラップ遅れのTSRホンダ、3番手が6ラップ遅れのSRCカワサキ、4番手と5番手が13ラップ差のTeam Bolliger Switzerland #8とBMWモトラッド、ERCドゥカティが8番手だった。

【順位結果】2021EWC第1戦ル・マン24時間耐久ロードレース 決勝 12時間経過後

 12時間5分過ぎに、BMWモトラッドが4番手に浮上。13時間2分、8番手のERCドゥカティが7コーナーでマシンストップしており、押してピットに戻り修復後に25番手まで順位を落とす。

 その後は順位の変動やトラブルがなく進んでいく。14時間を経過しようとした時にはヨシムラSERT Motulは500周を周回。4ラップ遅れでTSRホンダ、7ラップ遅れでSRCカワサキ、12ラップ遅れでBMWモトラッドが続く。

 レース開始から3分の2となる16時間が過ぎると、ヨシムラSERT Motulが571周でトップ、2番手が4ラップ遅れのTSRホンダ、3番手が7ラップ遅れのSRCカワサキ、4番手が12ラップ遅れのBMWモトラッド、5番手が17ラップ遅れのTeam Bolliger Switzerland #8の順。SSTクラストップは6番手のNational Motos、続いて7番手のOG MOTORSPORT BY SARAZIN、8番手のTEAM 33 LOUIT APRIL MOTOとなる。

 17時間14分、7番手だったOG MOTORSPORT BY SARAZINがマシンをガレージに入れる。それによりNo Limits Motor Teamが7番手、TEAM 33 LOUIT APRIL MOTOが8番手、BMRT 3D MAXXESS NEVERSが9番手とSSTクラスの順位が変わった。

 18時間が過ぎ、空が明るくなってきても上位のポジション変動はない。トップのヨシムラSERT Motulは643周、2番手が5ラップ遅れのTSRホンダ、3番手が7ラップ遅れのSRCカワサキ、4番手が13ラップ遅れのBMWモトラッド、5番手が20ラップ遅れのTeam Bolliger Switzerland #8となっている。

 18時間33分、2番手のTSRホンダがピットに入ろうとするが、ガス欠でマシンがストップ。ピットエントリーからジョシュ・フックが押して戻りマイク・ディ・メリオに交代するも、エンジンがかからない。押しがけを試みるも始動せず、ガレージにマシンを入れた。

 このトラブルで、SRCカワサキが2番手に浮上。さらに一時44番手までポジションダウンしたBMWモトラッドが3位表彰台圏内まで順位を回復させた。TSRホンダのマシンのトラブルはすぐに直らず、修復が大掛かりとなる。

 そのため、Team Bolliger Switzerland #8、National Motosにもポジションを明け渡し、30分程してようやく24ラップダウンの6番手でTSRホンダはコースに復帰した。

 スタートから20時間、トップのヨシムラSERT Motulは714周、2番手が8ラップ遅れのSRCカワサキ、3番手が13ラップ遅れのBMWモトラッド、4番手が22ラップ遅れのTeam Bolliger Switzerland #8、5番手が23ラップ遅れのNational Motos、6番手が24ラップ遅れのTSRホンダとなっている。

 21時間9分、6番手からポジション回復を狙うTSRホンダのジョシュ・フックがコースインしてから2周目に最終の14コーナーで転倒。マシンを起こしてピットに戻ったが、約6分のタイムロスとなり、ポジションを10番手まで下げた。また、この時点でERCドゥカティは11番手まで浮上している。

 レースが残り2時間に差し掛かる頃、TSRホンダがVRD IGOL EXPERIENCESをかわし9番手に順位を上げる。それから約15分が経過しTSRホンダはピットインするが、エンジンがかからず修復が必要となり再度タイムをロスして、トップから40周差の12番手に。

 TEAM 33 LOUIT APRIL MOTOもトラブルを抱えピットで作業を行ったため、ラスト1時間を切るとERCドゥカティが9番手にポジションを上げた。また、TSRホンダは10番手までポジションを戻した。

 レースが残り35分となると、首位のヨシムラSERT Motulが最後のピット作業を行いグレッグ・ブラッグ、SRCカワサキはデビッド・チェカ、TSRホンダは高橋裕紀へとライダー変更した。

 そしてスタートから24時間が過ぎ、855ラップを周回したヨシムラSERT Motulが24回のピットで2021年のEWCル・マン24時間を制覇した。2位は8周差のSRCカワサキ、3位が13周差でBMWモトラッドと続いた。Team Bolliger Switzerland #8は4位、VRD IGOL EXPERIENCESが8位、ERCドゥカティは追い上げを見せ9位、TSRホンダは10位で完走した。

 SSTクラスで優勝したのは総合5位のNational Motos、続いて6位のBMRT 3D MAXXESS NEVERS、7位のNo Limits Motor Teamがトップ3となった。レースは46台中、YARTヤマハを含む12台がリタイアしており、34台が完走を果たした。

 次戦は7月17日にポルトガルで第2戦エストリル12時間耐久ロードレースが開催される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します