サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱ふそう、EVトラック「eキャンター」での配送業務 札幌市内でコープさっぽろと実証実験

ここから本文です
 三菱ふそうトラック・バスは24日、北海道で電気自動車(EV)の小型トラック「eキャンター」を用いた配送業務の実証を2022年1月から開始すると発表した。生活協同組合コープさっぽろ(大見英明理事長、札幌市西区)が札幌市内で行っている配送業務に電気トラックを活用し、実走行距離や充電時間、バッテリー消費電力などのデータ測定を行う。一般的にEVのバッテリーは寒冷地だと能力が低下して航続距離などに影響が及ぶが、配送業務の実証を通じ電気トラックの実用性を検証する。

 eキャンターによる実証を北海道で行うのは初めて。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン