サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高性能なレヴォーグ登場! 新エンジンの特徴とは?

ここから本文です

11月25日、スバルは、ステーションワゴンの「レヴォーグ」の、新エンジン搭載車を設定した。

最高出力275ps!

和製スポーツセダンは侮れない──新型スバルWRX S4試乗記

レヴォーグは、かつての「レガシィ・ツーリングワゴン」の流れを汲むモデルで、現行は第2世代だ。

新たに追加された「STI Sport R」は、同日発表された「WRX S4」とおなじく2.4リッター水平対向4気筒ガソリン直噴ターボ・エンジンを搭載、202kW(275ps)の最高出力と、375Nmの最大トルクを発揮する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン