サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「キャリアのなかで最も楽な6位入賞だった」サインツJr.、マクラーレンF1好調の一因にルノーPU改善を挙げる

ここから本文です

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、第8戦フランスGPではスタートからフィニッシュまですべてがスムーズに進んだおかげで、容易に6位入賞を達成することができたという。

 サインツJr.は予選でチームメイトのランド・ノリスに遅れを取っていたが、レースではスタートでノリスの前に出ると、その後は彼を寄せ付けることはなかった。

マクラーレンが予選に続き決勝でも中団トップ「大きな問題が発生。入賞できてほっとした」とノリス:F1フランスGP

「僕のキャリアのなかでも、最も容易に達成できた6位という結果のひとつだったかもしれない」とサインツJr.は語った。

「この結果はとても嬉しいよ。良いペースが出せたし、タイヤマネジメントもうまくいった。