サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スープラとZ4だけじゃない! 「マツダ」「スバル」「いすゞ」にもあった日本&海外メーカーコラボの歴史

ここから本文です

スープラとZ4だけじゃない! 「マツダ」「スバル」「いすゞ」にもあった日本&海外メーカーコラボの歴史

 日本車と海外車の共同開発やOEMは古くから存在する

 日本で買えるクルマは国産車と輸入車に二分されるが、日本車と海外のクルマのハーフと呼べる共同開発車や、海外のクルマを日本車として販売するOEM車(逆もあり)は、じつは古くから意外なほどあったりする。当然、共同開発車、OEM車の国内版は安く買えるし、OEM車は海外のクルマの性能をそのままに、これまたリーズナブルな価格で買えるのだから、バッジは違えど、やはりお買い得と言っていい。

外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

 直近の日独共同開発車と言えば、復活したトヨタ・スープラとBMW Z4が挙げられる。トヨタとBMWの業務提携から生まれた最新のスポーツカーであり、お互いにコスト面のメリットがあるのは当然だ。スープラとZ4はエンジンやFRプラットフォーム、オーストリアにあるマグナ・シュタイヤーの工場で生産される点は共通だが、見た目もキャラクターも別もの。

 スープラはクラシックともいえるクローズドボディの生粋のスポーツカー。一方、Z4は電動ソフトトップを備えたグランドツーリング的キャラクターのオープンスポーツとなる。もちろん、逆輸入車とはいえ、トヨタ車のスープラのほうが60万円以上安い。もっとも、両車の選択で悩むケースは(気にはなるだろうが)ほとんどないだろう。

 ベースは同じでもまったく別物のスポーツカーに仕立てられた2台

 日本が世界に誇るライトウェイトオープンスポーツがマツダ・ロードスター。それをベースにイタリアのアバルトが手掛けたのが、124スパイダーである。じつは、124スパイダーはマツダの広島の工場で生産される”イタリア車”だが、ただ、ロードスターに伝統のサソリ、アバルトのエンブレムを冠しただけのクルマではない。

 エクステリアはまったく別もので、70年代の124スパイダーを彷彿させるため、フロントオーバーハングまで延長。足まわりなども完全に別チューニングとなる。

 最大の違いは、パワーユニット。ロードスターはNAにこだわった1.5リッター直4、132馬力/15.5kg-mのエンジンを積み、6速MTモデルの車重は1010kgと比較的軽量。一方、124スパイダーは1.4リッター直4ターボ、170馬力/25.5kg-m、6速MTで1130kgと、パワー、トルクで圧倒する。大人ふたり分ほど重くなり、価格は100万円以上高価になる。

 だがこう言ってはなんだが、日本車、マツダの信頼性とイタリアの熱き血を両立したのが124スパイダーであるのと同時に、ベースは同じでも、日伊の自動車メーカーがこだわりまくった、まったく別物のスポーツカーに仕立てられた2台と言えるのだ。

 そうそう、日本車と海外のクルマがバッジエンジニアリングする兄弟車も、意外に多い。古くは70年代~のいすゞ・ジェミニと、日本に再上陸すると伝えられるドイツ車のオペル・カデットだ。ジェミニは当時のクルマ好きの間でブレーク。いすゞが乗用車を作っていた時代に、イタリアの香りがする117クーペと並ぶ、ドイツ車を彷彿とさせた人気車だった。

 そのほかにも、スズキのコンパクトカーにアメリカンなテイストを加えたシボレークルーズ、バッジ以外、まるで同じだったミニバンのスバル・トラヴィックとオペル・ザフィーラ、80年代にVWパサートセダンを日産自動車座間工場でノックダウン生産した、国産のドイツ車と言えた日産サンタナ、また、スバルインプレッサとサーブ9-2X、日産エクストレイルとルノー・カジャーも、血縁の濃い日欧の兄弟車である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します