サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】8号車ARTA、公式練習のトップから一転Q1落ち。原因解明に向け「ホンダBS勢で協力していく」と野尻智紀

ここから本文です

 岡山国際サーキットで行なわれているスーパーGTの第1戦。土曜朝の公式練習でトップタイムをマークしていた#8 ARTA NSX-GTだったが、予選では一転して14番手に終わり、Q1敗退となった。

 Q1のアタックを担当した野尻智紀は1分19秒046というタイムをマークしたが、これは公式練習のGT500専有走行時にパートナーの福住仁嶺が記録したタイムから1秒近く遅いものであった。Q1ではどのような問題が起きていたのかをmotorsport.comに尋ねられた野尻は、次のように語った。

■スーパーGT第1戦岡山:GT500予選はKeePer TOM’Sの阪口が起用に応え初のポールポジション

「朝のプラクティスのフィーリングはそこまで良くなかったです。

おすすめのニュース

サイトトップへ