サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > オオノスピードGSX1000S(スズキGSX1000S)いつでも乗れることを念頭に置いて作るコンプリート車【Heritage&Legends】

ここから本文です

必要な部分に手が入ったカスタムとしての側面も持つ
「乗り続ける刀乗りたちへ」を掲げ、多くの空冷カタナ用パーツを開発・販売してきたオオノスピード。代表の大野さんは自らもカタナ乗りで、パーツの枯渇に代表されるような、ユーザーが困ることを減らし、カタナに長く乗れる環境作りを続けていくという。

それは冒頭のようなパーツ開発にとどまらず、同店で常々作られ、ホームページやフェイスブックページを通じて販売されるコンプリート車両も、その一環となる。

ホンダ「GB350」は本当に安いのか? 400ccバイクの価格を考察

そしてこの車両は、’20年末に作られて販売されたものだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン