サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダRB16初走行は「実にスムーズ」。マックス・フェルスタッペンがドライブ

ここから本文です
 レッドブル・ホンダが2020年用マシンRB16をついに発表。その後、シルバーストン・サーキットでシェイクダウン走行を実施した。フィルミングデーだったものの、走行は実にスムーズに進んだという。

 RB16を初めて走らせたのは、レッドブルの”エース”であるマックス・フェルスタッペン。非常に寒いコンディション、100kmという走行距離、フィルミングデー用デモタイヤの装着など、様々な制限はあったものの、シーズン開幕前テストが6日間に短縮された今季の状況の中では、実に貴重な走行機会になったと言えるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ