サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 建設現場における「遠隔臨場」を本格的に導入 NEXCO中日本

ここから本文です
建設事業など工事の過程において、工事が契約書どおり実施されているかを確認するため、発注者は現場に出向き、受注者とともに検査や立会を実施する(=臨場)。NEXCO中日本では、これをリモートで行なう遠隔臨場の導入を進めてきた。

NEXCO中日本は、工事・維持修繕作業の施工現場での「材料確認」や「現地立会」などの作業を、遠隔で実施するための「遠隔臨場実施要領」を制定し、土木・施設工事などに原則適用することにした。NEXCO中日本が25日、発表した。

おすすめのニュース

サイトトップへ