サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 可変リヤウイング問題に進展。FIAが各F1チームにより厳格な検査を実施、“たわみ”を制限へ

ここから本文です
 F1スペインGPの予選後にルイス・ハミルトン(メルセデス)が「レッドブルはリヤに曲がるウイングを付けていた」と発言したことで、レッドブルがいわゆる“可変リヤウイング”を採用しているのではないかとの疑惑が持ち上がった。これに関してFIAは、新たな検査を実施する構えだ。

 可変リヤウイングとは、ストレートを走行中にリヤウイングが何らかの形で後方に倒れることで、空気抵抗を減らして直線スピード向上に繋げながらも、コーナーでは元の角度に戻って通常のダウンフォースを確保する、といった形のものだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ